忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

主な主演:
米倉涼子、松下由樹、石黒賢、杉田かおる、石田純一、小泉孝太郎、福田沙紀、和田正人、宝積有香、秋山菜津子


放映期間: 2006年7月6日~9月21日
ジャンル: 人間ドラマ/サスペンス
主題歌: あゝ無情(アン・ルイス)
5段階評価: 3・・・だから何で最後を曖昧にするかな



 ストーリーは何気に単純。サラリーマンとして出世コースを確実に進む浅井義雄(石黒賢)。このまま行けば間違いなく順風満帆な人生なのだが、ひとつの過ちが生まれた。野上マチ子(松下由樹)との浮気から始まる歪んだ道。浅井は確実に堕ちていってしまった。しかも、野上に浅井の子供が・・・。

見る層を実に絞った作品であり、それだけに見れる人は最後まで楽しむことが出来ただろう。女の怖い性っと言うかいかに男が馬鹿な生き物かが理解できるでしょう(笑)

しかし演技派が揃った作品だけあって引き込まれる。

睨み付けるシーンなんて本当に背中がゾクっとした。脇役も浮気と言う名の混沌に巻き込まれ、もう良い意味で安心してみれません。石田純一なんて適役としか言いようが無い。杉田かおるも良い味を出してる(ただ主人公達よりも目立つ場面が多いのが気にはなったが)

若者向けに作った方が視聴率は取れただろうに、ある意味挑戦したなーっと。まあ、それでも・・・昼にやるドラマだったんじゃないかな?

脇役にも無駄が無い。名が売れ始めてる若手やお笑い芸人を使わないのは、やっぱりこのドラマのこだわりを感じるし本格派を求める物には満足が行くはず。

ただ、私はやっぱり最後が曖昧にした所が気に食わない。結局、野上の子供は浅井の子供だったのか?浅井は本当に種無しだったのか?最終回なんだしさ、すっきりさせても良かったんじゃないでしょうか?

こういった伏線を沢山張る作品はやっぱり最後はきちんと解いてもらいたい。

むしろそれが義務だと私は思っている。

拍手[0回]

PR



主な主演: 
草なぎ剛、香里奈、小日向文世、大杉漣、長山藍子、佐々木蔵之介、森口瑤子、須賀健太、MEGUMI、加藤浩次


放映期間: 2006年10月10日~12月19日
ジャンル: ヒューマンドラマ
主題歌: ありがとう(SMAP)
5段階評価: 5・・・草なぎ剛の演技が光るシリーズでした



  シリーズ3部作の3作目にあたる今作品。主人公大竹輝明(草なぎ剛)は先天的な障害である自閉症を抱えていた。家族は母の里江と妹のりなの、そして二世帯住宅の家に輝明の兄、秀治の家族も住んでいる。彼は家族に愛され、そして疎まれていた。ある日、幼馴染である輝明は松田都古に動物園で働く事を進められる。当初、世間体で彼を雇った動物園。しかし、そこでの彼の行動は心を打ち、周りの考え方を変え、家族を動かし始め、彼自身も成長させていく。

シリーズ通り今作も小日向文世、大杉漣、浅野和之が登場し、前作『僕と彼女と彼女の生きる道』で登場した長山藍子も今作に登場している。ここまで豪華な演技派俳優人が揃ってるので安心して見れるのがこのシリーズの嬉しい所。

私の中では、もはやヒューマンドラマ俳優と化してる草なぎ剛ですが、やっぱり見応えの演技をしてくれるな~っと感心させられます。表情の変化で言葉を作らないといけない作品を見事にこなしています。

草なぎ以外にも、この作品は何故か顔をドアップが多く登場するのですね。それは人間の心情を表情で表していて、それを前面に出しているってことなんですね。

他にも長山さんがテルの肩に手をおく時に手が震えてるなど、細かい演技も見逃せない。っと言うか俳優はみんな実力派なので細かい所まで見るとキリが無い。

普通、障害者物はPTAなどが訴えるのだが、この作品にいたっては誉める程。とにかく感動し、共感し、教訓になる。純粋無垢なテルを支えることでテルはそれに応えてくれる。誰かを支えることで初めて大切なことに気付くのだ。

主題歌を含め、音楽は相変わらず死ぬほど良いものばかりで、場面場面を盛り上げる。ドラマに泣きそうになったのは本当に久しぶりで、最後にドラマで泣いたのは、気が付いたら前作のシリーズ物だった。やはり見逃す事は出来ない。素晴らしい作品でした。

気になる点が無かったわけじゃありません。

伏線ぎみな場面が最終回までスルーだった箇所もあり、そこは不思議だった。特に都古は不可思議な行動がたまに出てたが、あれは自閉症が出ていたのだろうか?

それと最後の方で都古は家族がテルを受け入れる姿勢を全否定して施設に入れることを強調してましたが、家族でもない都古がそんな重要なことをそこまで口出しして良いのだろうか・・っと疑問に感じました。細かいことですが。

テーマは「純粋」らしいですが、私は3部作通して「絆」だったと思います。忘れかけた何かを思い出す。ふっと胸が温かくなる作品。これは見るべきでしょう!




<<関連記事>>

・ 評論(ドラマ) 僕の生きる道
・ 評論(ドラマ) 僕と彼女と彼女の生きる道

拍手[4回]




主な主演: 内村光良、飯島直子、国分太一、内山理名、吉沢 悠
放映期間: 2000年7月3日~9月18日
ジャンル: 恋愛
主題歌: NOT FOUND(Mr.Children)
5段階評価: 1・・・よくある話



 バスの運転手、宮前武蔵(内村光良)とキャリアウーマン小谷夏生(飯島直子)の恋物語です。分かりやすい話なんですが、まったくひねりの無い話とも受け取れます。

周りにも見ていた方は多かったですか、全員途中で脱落し、知り合いの中で私だけが最初から最後まで見たドラマです。

見ていて不満がちょっとずつ溜まってきて、最終回で爆発してしまいました。まず、キスシーンが無いことに不満を持ちました。数々の困難の乗り越え、やっと結ばれた二人・・・。普通キスするでしょ!?抱きしめ合って終わりですか~?

若々しい男女の物語だったら初々しくて良いですが、お二人とも30歳を越えてるのに、キスシーンが無いのはどうかと・・。それと国分太一の存在意義を教えてくれ(汗)。彼は久々の連ドラ出演にかなり張り切っていたのに居ても居なくても大して物語は変わらない存在に泣けた。

これも最終回は読めちゃいました。いやむしろ、自分の考えよりも単純な展開でした。初回視聴率は19%だったのに最終回がそれを抜けなかったのはやはり物足りなかったからでしょうか?

拍手[0回]





主な主演: 
草なぎ剛、小雪、りょう、美山加恋、東幹久、要潤、大杉連、小日向文世


放映期間: 2004年1月6日~3月23日
ジャンル: 家族ドラマ
主題歌: Wonderful Life(&G)
5段階評価: 4・・・登場人物の心情に注目!!



 家庭をかえりみず仕事に没頭するサラリーマン小柳徹朗は、ある日突然妻可奈子から離婚を迫られてしまう。意味の分からない徹朗は話は仕事から帰ってからっと告げたが、帰るとすでに加奈子は居なくなっていた。娘のが居た。徹朗は分からなかった・・・。何故妻は居なくなったか?そして、この娘とどう接したら良いのか?そして、徹朗は気付きだした。

前作程の感動は無いにしろ、よく出来た映画です。テーマが『命』から『家族愛』に変わりましたが、キャストは前作とほとんど一緒。しかし、性格が前作と違って悪い性格なのは好感触。そんな方々が話を進むにつれ、目を覚ましていく様は見ていて感動出来ます。

全体を通して静かに淡々と進みます。だがそれゆえに役者達が『表情』で演技をしているので、人物達の心情が分かります。またカメラワークも旨いと思いました。特に主人公が道を歩くシーンは光が淡く光っていて綺麗でした。

このご時世、家庭内暴力が増えてます。そんな中、このドラマは感動とともに、とても考えさせられる場面が随所にあります。見て損は無いでしょう!



~おまけ~

クランクアップ後のインタビューでの1コマ

草なぎ「今度、大きくなったら、恋人役でお願いします!」

加恋ちゃん「(照れくさそうに)うん!」


こら!草なぎ!



<<関連記事>>

・ 評論(ドラマ) 僕の生きる道
・ 評論(ドラマ) 僕の歩く道

拍手[4回]




主な主演: 
草彅剛、矢田亜希子、大杉漣、小日向文世、谷原章介

放映期間: 2003年1月7日~3月18日
ジャンル: 人生ドラマ
主題歌: 世界でひとつだけの花(SMAP)
5段階評価: 5・・・かなり切ないです



 中村秀雄(草彅剛)は有名な進学校・私立陽輪学園の生物の教師だった。秀雄は毎日を淡々と過ごす日々を好み、生きていた。しかし、その人生が大きく変わろうとしていた。医者に、自分は病気であり、余命が一年と言われたのである。

秀雄は押入れから小学校の時に書いた卒業文集を読んだ。そこには将来の夢として「テノール歌手」と書かれており、そして子供らしい文字でこう書いていた。”ボクは幸せな人間になりたいです。幸せな人とは後悔のない人生を生きている人だと思い ます”っと書かれていた。いつのまにか秀雄は泣いていた。秀雄は後悔していた。二十八年間も生きてきたというのにあの頃思い描いた人生を生きてこなかったことを・・・。


泣きました。こんなに泣けるドラマは久々ですね。自分の死に前向きに立ち向かう中村秀雄に皆、感動する事は間違いなしです。それにしても草彅剛は良い演技をするようになったね。脚本にも助けられている。やはり彼は静かな人間の役が似合う。

そして演出も一級品です。全体的に淡い光が包み込むような明るさで、このドラマのの切なさを引き立てます。音楽も切ないのが多い!主題歌「世界にひとつだけの花」も合ってます。

一番心に響いた場面は第十話の最後。

みどりと秀雄が二人で旅行に出かけた時、泣きながらみどりを抱きしめ「死にたくない・・・死にたくないよ・・・」という秀雄。

その時ながれる秀雄の言葉「僕は生きたい。もっともっと生きたい。僕は今、世界で一番幸せなのだから・・・」にグッときました。暇があったら皆さんも見てくださいね。





<<関連記事>>

・ 評論(ドラマ) 僕と彼女と彼女の生きる道
・ 評論(ドラマ) 僕の歩く道

拍手[3回]




主な主演: 
深田恭子、夏八木勲、市毛良枝、山下真司、寺島進、載寧龍二、野波麻帆、虎牙光揮


放映期間: 2006年4月20日~6月23日
ジャンル: コメディ/推理(?)
主題歌: トライアングル・ライフ(オオゼキタク )
5段階評価: 1・・・推理もコメディも
えらく中途半端



「たった○○億円ぽっちのために人を殺すなんて・・・」

 焼畑署捜査課新人刑事で超大金持ち、神戸美和子(深田恭子)が帰って来た!全ての難事件を金にものをいわせ解決していく様は必見。普通の物とは違ったスケール大きい推理はまさに爽快!

なのかどうかは分からない(反義語)

とりあえず推理は本格派ではありません。1話を見ればわかると思いますが、「足跡の幅が行きと帰りで違うはずなのに同じ!」など意味が分かりません。

普通の推理物で主人公以外の刑事は役立たずなのはお約束ですが、この作品は役に立たないどころか足を引っ張りまわして事件を引っ掻き回してるようにしか見えない。見ていて納得いかない場面が多々あった。

んで、お金で解決がこの作品のミソなわけですが・・・まあ結局のところお金で解決ってのが根本的に違うんですよね。この作中の犯人逮捕は推理と言うよりは、お金を大量に使って犯人を詐欺のごとく騙して墓穴を掘らせた所を捕まえる、物的証拠じゃなく現場摘発しかしないのである。

じゃあコメディとしてはどうだろう?

まずコメディの部分は強調しすぎて義務的に見せられてる感じが強い。とにかく強い効果音は飛ぶハエの如くうざく感じないだろうか?瞬き、首の動き、一挙一動全てに効果音が入ってるので、これを面白いと見るか?ウザイと見るか?これはこの作品の賛否の全てじゃないだろうか?

他にもお約束的展開も非常に多く

1. 美和子の「あのー、ちょっとよろしいでしょうか?」(1話中に数回)

2. 最後の「こらー!勝手に帰るなー!!」

3.上司が最初に美和子の案に反対し、偉い人が賛成

4. そもそも犯人の誘導の仕方が根本的に何時も同じ


など、ぱっと思いつくだけでこんなにある。これもコメディと受け取れるかが大きなポイントである。

少なくとも私は駄目だった。

筒井康隆監督ファン、深田恭子ファン、深田恭子の胸の開いた衣装が好き!

そんな人にはお勧めです。

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]