忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

使命と魂のリミット (角川文庫)
東野 圭吾
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 7,213

著者: 東野圭吾
初版: 2010年2月25日
種類: サスペンス
5段階評価: 4・・・読書ビギナーには最適です


研修医・氷室夕紀は日々の業務と向上に務める日々と共に、
その胸には秘めたるものが存在していた。

父の手術をした男 母に近づくこの男
西園陽平は、自身の術後に亡くなった父親の代わりの様に母親に近づいてきている。素晴 らしい医者であることは間違いない。だが日々のストレスと比例するように彼女の不信感 は増すのだった。

そんなある日、病院に脅迫文が届けられる。

医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」

担当医は西園陽平。
彼女の中でくすぶっていた何かが動き出そうとしていた。


お手本の様なミステリー
様々な群像劇から始まり、徐々に風呂敷が広がったと思ったら事件発生。
なんて言うか文章の書き方が実にうまいと思った。
 
私的には犯人が寂しくも愚かな存在だったのが良かったです。
読めば分かりますが、結局は犯人の逆恨みでしかないんですよね。どう考えても矛先違う だろ。そして犯行のために他の女性を利用って同情出来ない…だが、それがいい!

推理物の犯人に救済処置なんて要らん!

題名も含めて全体的に綺麗にまとまった作品でしたね。
読書の登竜門として最適なんじゃないでしょうか。

村上春樹などが好きな玄人読者には不評な東野圭吾ですが、
やっぱり私は好きな作家ですね。


<<関連記事>>

・ 評論(書籍) 魔球
・ 評論(書籍) 怪笑小説
・ 評論(書籍) 探偵ガリレオ
・ 評論(書籍) 予知夢

拍手[0回]

PR
誰か ----Somebody
誰か ----Somebody
posted with amazlet at 13.05.12
宮部 みゆき
実業之日本社
売り上げランキング: 145,008
 

拍手[0回]

月のしずく (徳間文庫)
月のしずく (徳間文庫)
posted with amazlet at 12.09.20
浅田次郎
徳間書店 (2011-06-03)
売り上げランキング: 317707
 

拍手[1回]

女王陛下のアルバイト探偵 (講談社文庫)
大沢 在昌
講談社
売り上げランキング: 39927
 


<<関連記事>>

・評論(書籍) アルバイト探偵(アイ)
・評論(書籍) 調毒師を捜せ―アルバイト探偵(アイ)
・評論(書籍) 不思議の国のアルバイト探偵 ―アルバイト探偵(アイ)
・評論(書籍) 拷問遊園地 ―アルバイト探偵(アイ)
・評論(書籍) 帰ってきたアルバイト探偵(アイ)




拍手[1回]

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫
片山 恭一
小学館
売り上げランキング: 258991
 


 今更なのでストーリーは解説しません。めちゃくちゃ売れた本ですね。原作の他にも映画、連続ドラマにもなりました。私は映画を先に見て、本を読む事となりました。

映画と違って大人の朔太郎は出てきません。なので純粋に等身大の少年少女の恋愛ですね。どっちが良い?って聞かれたら多分先に見た映画だろう。というか、この作品はどっちかで充分かな?オチを知ってしまってるんだし、映画を先に見たら映画が一番に感じるし、本を先に読んだら本が一番に感じるんじゃないかな?

また、私的に朔太郎が本の方が映画より気さくな奴だったのは読んでて面白かった。ただ、時々行き過ぎてる感はある。受け取り方によっては、人の話の腰を折る、マイペースな会話を好む困った人間である。

なんにせよ丁寧に作られた作品であるし考えさせられます。ささいな願いすら叶えられない少年、少女。彼らには未来が無く、今を一生懸命に生きる姿は必ず涙を誘う事でしょう。

余談ですが、この本を読む前に後輩に「この作品、映画と違って本は大人の付き合いありますよ」って言われてかなりドキドキしたものですが・・・・ねーじゃねーかー!!(馬鹿)



<<関連記事>>

・ 評論(映画) 世界の中心で、愛を叫ぶ
・ 評論(書籍) 指先の花


拍手[0回]

天国の本屋 恋火 (小学館文庫)
松久 淳 田中 渉
小学館
売り上げランキング: 93034
 


 リストラピアニスト、健太は謎のアロハシャツ男ヤマキに声をかけられ、天国の本屋に短期バイトとして連れてこられた。そこで彼は、ある女性ピアニストに出会う。その女性こそ健太がピアニストになるきっかけとなる人物だった。一方現世では飴屋の娘香夏子が商店街復興のため、花火大会開催に向け奔走していた。この二つの物語が重なる時、小さな村に、大きな奇跡が起こった・・。

全体的にほんわかな感じの本です。内容も重くないですし、1時間もあれば読めるかもしれません。ピアノ、花火、絵本が作品のキーワードとなってますが、絵本は実際にある作品が随所に扱われていて。知ってる作品が出てきたときは嬉しかった。登場人物は皆前向きなので読んだ後、とても気持ちよい気分になれるんじゃないかな?

不満は、花火職人の瀧本が自分の昔話をする時「昔、男がいましいた・・・」って話し始めたり。やる気の無かった青年団が老人の一声でやる気になったり。べただな~っと思う部分もあった事です。

読んで思ったのだが、この作品、花火師を主人公にした方が面白いのでは?10年越しの恋に悩みながらも夏子との出会いによって前に進む状況など実に面白い人間ドラマになると思うのだが・・。

総評としては悪い本ではないって感じかな?良い本なんだけど物凄く印象に残るって感じでもなかった。この作品は映画が先らしく、その後本になったようです。どうやら映画を見た後の方が楽しめるようなので今度見てみようかな~・・・。

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]