忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫
片山 恭一
小学館
売り上げランキング: 258991
 


 今更なのでストーリーは解説しません。めちゃくちゃ売れた本ですね。原作の他にも映画、連続ドラマにもなりました。私は映画を先に見て、本を読む事となりました。

映画と違って大人の朔太郎は出てきません。なので純粋に等身大の少年少女の恋愛ですね。どっちが良い?って聞かれたら多分先に見た映画だろう。というか、この作品はどっちかで充分かな?オチを知ってしまってるんだし、映画を先に見たら映画が一番に感じるし、本を先に読んだら本が一番に感じるんじゃないかな?

また、私的に朔太郎が本の方が映画より気さくな奴だったのは読んでて面白かった。ただ、時々行き過ぎてる感はある。受け取り方によっては、人の話の腰を折る、マイペースな会話を好む困った人間である。

なんにせよ丁寧に作られた作品であるし考えさせられます。ささいな願いすら叶えられない少年、少女。彼らには未来が無く、今を一生懸命に生きる姿は必ず涙を誘う事でしょう。

余談ですが、この本を読む前に後輩に「この作品、映画と違って本は大人の付き合いありますよ」って言われてかなりドキドキしたものですが・・・・ねーじゃねーかー!!(馬鹿)



<<関連記事>>

・ 評論(映画) 世界の中心で、愛を叫ぶ
・ 評論(書籍) 指先の花


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]