忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コクリコ坂から [Blu-ray]
コクリコ坂から [Blu-ray]
posted with amazlet at 13.02.24
スタジオジブリ (2012-06-20)
売り上げランキング: 3,147

<<関連記事>>

・評論(映画) 崖の上のポニョ
・評論(映画) ゲド戦記
・評論(映画) ハウルの動く城
・評論(映画) 猫の恩返し
・評論(映画) 茄子 アンダルシアの夏

・評論(ゲーム) ラクガキ王国

------------------------------------------------------------------------


コクリコ坂から (単行本コミックス)
高橋 千鶴
角川書店(角川グループパブリッシング)

 

拍手[0回]

PR



製作: 2004年度作品/日本映画
興行収入: 196億円
ジャンル: 恋愛ファンタジー(アニメ)
5段階評価: 4・・・最後が苦しい(汗)



 主人公ソフィーは帽子屋の娘。18歳だが恋愛には遠い存在だった。しかし、ある日町で美貌の青年と出会い、心を奪われた。その夜、ソフィーの店に荒地の魔女が現れた。店に文句を言う彼女にソフィーは強気に出るのだが、そのせいでソフィーは90歳のお婆ちゃんに姿を変えられてしまう。お店に居られなくなったソフィーは、ハウルの住むと言われる、人里離れた荒地へと向かうのだった。


音楽がいい!絵がいい!声がいい!ハウルの声が木村拓哉って事で不満を持つ人が多く、自分もそのひとりでしたが全く違和感ありませんでした。むしろ上手い・・。どうせなら木村拓哉って公には発表せず驚かせるのも一興だったろう。その位良かった。

宮崎監督と言えばお婆ちゃん。今までの作品でもお婆ちゃんはかなりいい味を出してましたが、今作もそれはかなり活かされてます。っというか主人公がお婆ちゃんですしね(笑)。今回は主人公の他にもサリマン、荒地の魔女など、味のあるお婆ちゃんが多く見られ嬉しかった。恒例の空飛びも健在だ。

また、魔法の世界が面白い。ここは宮崎ワールドがとても出ている所で、様々な魔法で驚き、笑い、感動させられました。ただ魔法が普通の世界にしては、戦争模様に魔法が少ない気がした。やはり一番怖いのは兵器って事でしょうか。

ソフィーがお婆ちゃんだったり元に戻ったりしていたのはどういう事だろう?最後は普通になっていたが呪いは解けたのだろうか?これは推測だが、呪いは恋愛感情で弱くなっているんじゃないかと勝手に推測してみた。カブの呪いだってアレで解けたのだし、そういうのもアリじゃないかな。だから最後は呪いが解けたって見解が出来ますし、つじつまがあうかと思われます。

最後は結構不完全燃焼な終わり方だったのは残念。最初からずっとまったりと進んでいたのに後半は急展開の連続だった。あれだけ戦争を言葉にしていたサリマンがあっさり「こんなつまらない戦争を止める」と言ったのはかなり拍子抜けだ。しかし、これは監督宮崎駿が一番伝えたい所らしい。それにしても・・・う~ん(汗)。

出来れば3時間でもそれ以上でもいいから、もっと濃密にして欲しかった。それだけに残念。それでもかなりの良作には違いなし!人生一回は見ておいて損はない映画でしょう。

---------------------------------------------------------------------------------


ハウルの動く城 サウンドトラック
久石譲 倍賞千恵子
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2004-11-19)
売り上げランキング: 18427
 



<<関連記事>>

・ 評論(映画) コクリコ坂から
・ 評論(映画) 崖の上のポニョ
・ 評論(映画) ゲド戦記
・ 評論(映画) 猫の恩返し
・ 評論(映画) 茄子 アンダルシアの夏

・ 評論(ゲーム) ラクガキ王国

拍手[0回]




製作: 2006年度作品/日本映画
興行収入: 76.5億円
ジャンル: 伝記(アニメ)
5段階評価: 2・・・勉強してください



 時は昔、人の住む世界の均衡が崩れようとしていた。人間の住む世界には現われるはずのない龍が2匹現われ共食いを始めた事から始まる。原因を探るために旅に出るのは大賢人ゲド(声:菅原文太)。彼は旅の途中で少年アレン(声:岡田准一)と出会う。

彼は父親を殺して逃亡中だった。ゲドは少年を連れて旅に出る事を決めるのだった。やがてその途中でアレンは一人の少女に出会う。少女の名はテルー(声:手嶌葵)。彼女は命を大切にしないアレンを嫌うのだが・・・。


CMではあんなに壮大チックだったのに何て陳腐なストーリーだろう。そもそも誰が主人公なのかよく分からない。ゲド戦記のわりにはゲドは活躍せず捕まっちゃうし、かといってアレンもした事といえばクモの腕切っただけ。盛り上がりの欠片もない。話し全体も結局はゲドとクモの浅い喧嘩なのだ(汗)

台詞の下手さはもはやジブリだからってことでかたが付くのだが(失笑)それでもテルー役の手嶌葵は酷すぎた。岡田准一が予想を上回るうまさだっただけに異様に目立ってしまった。悲鳴とか聞くとこっちが悲鳴を上げそうだった程である。

背景は他のアニメ作品に比べたら綺麗なのは認める。しかし、絵が綺麗じゃなくても面白い作品は山ほどあるのだ。それがこの作品ときたらことあるごとに背景絵を見せるもんだから胃もたれをおこしてしまうのだ。分かったから、背景を綺麗に見せるのがうまいのは分かったからいい加減ストーリーを進めろ。町やテルー達の日常風景も見せすぎ。

台詞で説明しちゃいけないだろうって所を全部台詞で説明。アレンが父親を殺した理由も曖昧。追ってくるアレンの“影”もいい奴なのか悪い奴なのかそもそもこの映画における存在意義が感じられない。テルーが最後に龍になる場面なんて理由も説明されず飽きれて物も言えない。何でテルーが龍になったことに誰も不思議に思わないんだろう?

敵のひとりであるウサギももちっと味のある奴だと思ったんだけどなー。ただの3下悪役だった。例えるならサイバイマンだ(うまい例えだと思う)

結局の敗因は壮大な物語を無理やり2時間で終わらせたことにあるのでしょう。ロード・オブ・ザ・リングもハリーポッターも何部にもわけて製作をしてるんです。駄目でしょう、足りない部分を適当にしちゃ。ま、父親である宮崎駿監督だったら何とかしたのでしょうが・・。低迷化が続くジブリ作品の中でも群を抜く駄作でした。





<<関連記事>>

・ 評論(映画) コクリコ坂から
・ 評論(映画) 崖の上のポニョ
・ 評論(映画) ハウルの動く城
・ 評論(映画) 猫の恩返し
・ 評論(映画) 茄子 アンダルシアの夏

・ 評論(ゲーム) ラクガキ王国

拍手[0回]




製作: 2008年度作品/日本映画
興行収入: 155億円
ジャンル: ファンタジー(アニメ)
5段階評価: 3・・・ストーリーって無いですよね



崖の上に住む宗介。
少年は留守にすることの多い父親の耕一と母親のリサと三人で暮らしていた。

ある日、宗介は崖の下の海岸に打ち寄せられた金魚を見つける。
宗介は金魚をポニョと名付け、一緒に暮らそうとするが…。


いまさらの感想ですな。

実は周囲の評判があまりに良くないので敬遠してました。

それに主題歌を歌っている大橋のぞみが、とにかく沢山の番組でこの歌を歌うんで見ない内から作品に対して胸焼けぎみだったんですよ。でも、さすがに彼女を見かけることが減りましたし、連休で時間が余ったので満を持して見ることにしました。

んで、率直な意見としては

映画館まで行って見ないで良かった!!

である。

ずっと話が進まなくて「え?続くの?」と不安になったのだが、後半に何となく解決。何だこれ?拍子抜け。ハウル以上に無理矢理なハッピーエンドである。

そもそも全てにおいて説明不足。

・ ポニョの飲んだ黄色のクスリについて

・ ポニョがトンネルを怖がる理由

・ 宗介の父親・耕一が嵐の中で辿り着いた、あの不思議な光景な場所は結局どこだったのか?

・ お婆さん達が元気になった(してもらえた)背景



などなど。

とにかく場面場面で置いていかれてる感覚がもどかしい。

そして宮崎駿らしくなく、メッセージ性が無い(もしくは分かりにくい)。
戦争だったり、成長だったり、とにかく宮崎監督には何か訴える物が常にあった。なのにこの映画で伝わるのは「水の動きの表現」や「ポニョの愛くるしい言動」だけである。どうしたんだろう?これでは宮崎監督の映したい物を映したただの映像作品である。

後、やっぱり声当てがね……
せめて舞台俳優をこなしてる人とかだと演技もうまくて違和感は無いんですけどね。
長嶋一茂や所ジョージでは厳しいです(汗)



<<関連記事>>

・ 評論(映画) コクリコ坂から
・ 評論(映画) ゲド戦記
・ 評論(映画) ハウルの動く城
・ 評論(映画) 茄子 アンダルシアの夏
・ 評論(映画) 猫の恩返し

・ 評論(ゲーム) ラクガキ王国

拍手[0回]





製作:2002年度作品/日本映画
興行収入: 64.6億円

ジャンル: ファンタジー(アニメ)
5段階評価: 2・・・浅い


  ハルは普通の女子高校生。毎日を平凡ながらも満足な生活を送っていた。そんなハルは最近とてもついていなかった・・。掃除当番は押し付けられる、転んでしまう、そしてなにより好きだった男子に恋人がいる事が判明したのだ!

そんなハルにある転機が訪れる。トラックに轢かれそうになった猫を助けたのだ。そして何とその猫は二本足で立ち上がり、丁寧にお礼を言うのだった。「危ないところを助けていただきありがとうございました。お礼はまた改めて」。そのお礼が猫の国の王子様との結婚と言うのだからとんでもない。ハルはただただ驚くばかりだった・・。



大作でもない名作でもない。
だがつまらないわけではない、なんとも微妙である。

ジブリも継承者を育てなければいけないのは分かるが、せめて共同作業って形で出来なかったのかなー。見ていてジブリっぽさはあるのだがやっぱりジブリとは何かが違う。まず絵が少女漫画の様である。他の方の感想を見れば殆どが「ハル可愛い」と絶賛されてるが、まあその通りでありそれが違和感を出している。

ストーリーはと言えば何だか物足りず。「え?これで終わり?」である。他の監督と違い、『考えさせられる部分』が皆無である。唯一のハルの成長を表した横顔だが、この横顔で成長を読み取るのは少し難しい。

それに前作大好き人間といたしましては、バロンは声も含めて全体的に何だか微妙。やっぱり、次回作は名前に頼らず新作で頑張っていただきたい。



<<関連記事>>

・ 評論(映画) コクリコ坂から
・ 評論(映画) 崖の上のポニョ
・ 評論(映画) ゲド戦記
・ 評論(映画) ハウルの動く城
・ 評論(映画) 茄子 アンダルシアの夏


・ 評論(ゲーム) ラクガキ王国

拍手[0回]





製作:2003年度作品/日本映画
ジャンル: スポーツ(アニメ)
5段階評価: 3・・・47分は物足りないな(汗)




 宮崎監督の愛弟子、ジブリで作画監督を務めていた高坂監督の映画作品。舞台はスペイン・アンダルシア地方。そこでは現在、世界3大自転車レースの1つ“ブエルタ・ア・エスパーニャ”が行われていた。そんな中、ペペが所属するチーム・パオパオビールは撤退をほのめかすスポンサーにアピールするためこのステージで大きな勝負に打って出る。

47分と短いが決して内容が詰まってるってわけでもなかったが・・。この作品はアニメーターが見たら「凄い!」っと見れるかもしれない。まるで風にでもなったかのようなスピード感はさすがの一言。また、人物ひとつひとつの表情など、製作側の”こだわり”が見え隠れする。しかし、それは作る側の満足度であって見る側とは少し違う。

映画全体で”スピード感”を表現したかったから短かったのだろうか?しかし、レースが終わった後のドーピング検査など、盛り上がった気持ちを下げる場面があったのは残念!レース終了のまま良い感じで終われば気持ち良かったんだけどなー




後ジブリっぽさが残るな~っと思ってたら最後怒涛の”絵”!これにはビビリました(失笑)いいじゃん、モロジブリ絵でもさ。この作品大抵ジブリコーナーに置いてある事だし。ひとり立ちしたかったのかもしれんが、ここまで冒険せんでも・・・。

後、カルメン役の声は合ってないでしょ。小池栄子がやってるらしいですけど棒読みもいいとこ!
超無個性!カルメンは見ている限りとても活発な女性です。なのに声に覇気が皆無なんだよな~。




<<関連記事>>

・ 評論(映画) コクリコ坂から
・ 評論(映画) 崖の上のポニョ
・ 評論(映画) ゲド戦記
・ 評論(映画) ハウルの動く城
・ 評論(映画) 猫の恩返し


・ 評論(ゲーム) ラクガキ王国

拍手[0回]

HOME |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]