忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

失恋ショコラティエ Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2014-09-10)
売り上げランキング: 6,871
----------------------------------------------------------------------

失恋ショコラティエに学ぶ恋愛講座
(2014-03-21)
売り上げランキング: 1,905

拍手[0回]

PR
都市伝説の女 [Blu-ray]
都市伝説の女 [Blu-ray]
posted with amazlet at 12.08.10
バップ (2012-09-19)
売り上げランキング: 24882

拍手[0回]




主な主演: 
多部未華子、沢村一樹、手越祐也(NEWS)、石塚英彦(ホンジャマカ)、升毅、大倉孝二、水上剣星、佐野史郎、吹越満、田口トモロヲ、伊東四朗

放映期間: 2011年1月15日~3月26日
ジャンル : コメディ/推理
主題歌   : 愛と星(まきちゃんぐ)
5段階評価: 4・・・バランスが良ければ



「この事件、ニオイますっ!」

警視庁捜査一課第八強行犯捜査殺人捜査第13班に一人の刑事が赴任した。
空気が読めない天然ボケのゴスロリ・ファッション。犬並みの嗅覚を持つ花森一子。


元々が個性が強い課であったが、彼女の登場によって益々賑やかに事件を解決していく!



軽くて好きなんだけど、軽すぎるんだよね。とにかく“笑い”を強調し過ぎてるんで、シリアスな場面がシリアスになりきれなくて逆に白けてしまうこともあった。

特に最終回は賛否分かれると思う。

「良いんですか?最終回なのに慰安旅行--」

とか

「テロップが流れ掛かっちゃったじゃないですか」

など「フィクションです!!」って強調されるのはいかがなものか?
いや、フィクションなんだけどさ。コメディと言えども人間模様を描く作品なんだから「作りも物です
から!」を前面に出さなくてもいいのになーっとおじさんは思ったわけさ。

あと最終回にきて「私は課でお荷物なんじゃ…」ってパターンは“お約束”過ぎじゃないだろうか?せっかくの最終回・集大成がこれかよ…。少しがっかりした。

また鼻がきくのが特徴なのは分かるけど随所に強調される所は少しウザイ。
捜査の時だけ光らせても良いんだけどね。


でも全員が演技はうまいなーって感心しました。
好きな俳優さんも多かったから私的には満足です。


特に私は多部未華子は大好bもといファンなんで見ていて楽しかった。
美人ではないのに存在感のある女優さんだと思います。


視聴率は良かったみたいだし、良作になるんじゃないでしょうか?
(13.0-12.8-12.1-12.5-12.7-13.3-13.1-14.5-12.7-15.8%)


極端ですが、「推理物」でもなく完全に「コメディ」として見るのが正解なんでしょうね。

最後に大きな不満
いくら流行ってるからってマツコ・デラックスは出演させる必要はないんじゃね?
制作者の“どや?”って顔が見えてなんか嫌だ。

拍手[0回]




主な主演: 
織田裕二、大竹しのぶ、上野樹里、田中圭、仲里依紗、菅野莉央、森迫永依、田口浩正、草刈正雄、飯島直子(特別出演)

放映期間: 2007年4月15日~6月24日
ジャンル: コメディ
主題歌  : Hug,Hug(織田裕二)
5段階評価: 1・・・見て誰が得をするのか



高村圭太(織田裕二)は、恋人である絵恋(上野樹里)と結婚の了承を得るために彼女の両親がいるフランスへと向かった。20歳も離れている二人だが、その想いは確かなはずだった。しかし、彼はそこで昔の恋人である理衣(大竹しのぶ)と出会う。

圭太と理衣。
二人はかつて恋人同士だった。




好評と高視聴率ドラマ『華麗なる一族』の後番として満を持しての放送でした。主演の織田裕二と大竹しのぶは久しぶりの連続ドラマで番組宣伝も十分でした。酷い位でした。特集もいっぱいくんでたと思います。当時、人気沸騰中の上野樹里も起用して隙は無かったと思われました。

初回の視聴率は 19.4%

そこから下降の一途を辿り

最終回の視聴率は12.7%
ある回などは一桁にいきそうな程の有様でした。

何がいけなかったのか、答えは簡単です。
ヒロインが大竹しのぶだったからです。大竹しのぶが媚を売る姿を見て誰が喜ぶのだろうか?いや、女
優として素晴らしい方ですし、女性としても魅力ある人なのは分かりです。でも、ぶりっ子する姿は痛々しい…。

番組宣伝でもヒロインのはずの上野樹里よりも、大竹しのぶの方が目立ってた時点で気付くべきだったのかもね。とにかく当時旬だった上野樹里を起用しといてメインじゃなかったのは視聴率低下に繋がったと思う。

また、物語的にも一言説明すれば済む所を、あえて圭太自身が引っかき回してる様に見える場面が多かった。周囲も周囲で、ろくに説明も聞かずに突っ走るんで誰一人として共感できなかった。

それも含めて強引で、同じ様な展開が多すぎました。設定を先行して考えて、後はネタに困ってしまったのかな?中盤で全てを出し尽くして、後は圭太達が頑張って最終回まで時間を稼いでるとしか思えなかった。

きちんとキャリアを積んでる俳優さんを起用してるんだし、
そこさえ上手く利用できればまだ見られたと思います。


久しぶりに眠くなるドラマでした。
残念!

 

拍手[0回]




主な主演: 
AKB48、 上川隆也 、かとうかず子 、高島礼子、片瀬那奈、吹越満、山崎一、高知東生

放映期間: 2011年2月26日~3月6日(9夜連続)
ジャンル : ヒューマンドラマ
主題歌    : 桜の木になろう(AKB48)
5段階評価: 2・・・ファンのためだけのイメージビデオ



「僕の余命はあと三ヶ月です」

突然、教師・前田(上川隆也)は告白した。彼はクラスでも不人気な教師だった。余命いくばくも無い前田先生が生徒一人一人に渡した最後の手紙は、生徒達に何を残すのだろうか。



まず、私はファンではないです。
ただのドラマ好きです。


その上での感想と思ってください。

んで、感想はというと、正直、見づらかったです。ひとつの物語を約10分ほど流し、次々と別の人物の物語へと展開する。後半になると、それぞれの物語が解決していくのだ。それが見ていて非常にもどかしく疲れてしまう。最終回放映日にやった総集編と最終回だけ見ただけの方が分かりやすいかもしれない程である。

短い作品なのに登場人物が多いってのはやっぱり無理矢理詰め込んでる感じは否めないですね。重要な台詞を小分けにして、少しでも多くのメンバーに喋らそうって精神が実に小汚い。感動な台詞も興ざめである。

これは、あれだな。

ドラマじゃない。

ファンのためのイメージビデオなのである。
そもそもドラマのくせに“語り”が多いため演技を見ている気がしない。

そして演技の練習をしてきている人達じゃないのであるからして、演技は基本的に大根である。しかし中には上手な人は居た。でもやっぱり下手な人はとことん下手なので作品としての印象は素人の集まりになってしまった。

ちなみに私的には板野が一番下手と思いました(余談)


またBGMとして、ことごとく彼女らの歌がバックに流れるのだが、それが合ってない!せめて雰囲気に合った選曲をして欲しかった、

ファンなら許せるかもしれないから最低なドラマではないが、出演が人気メンバーとそれ以外の差が大きいため、やっぱりファンとしても見る人は選ぶかもしれませんね。

せっかくなんだし、しっかりした凄い作品でも作って新しいファンを広げたら良かったのに…っと老婆心ながら思ってしまいました。

ちなみにこのドラマですが、AKB48全員は出演していません。
格差アイドルは辛いぜ…。


---------------------------------------------------------------------------------


 

【特典生写真付き】桜の木になろう(初回限定盤Type-B)(DVD付)
AKB48
キングレコード (2011-02-16)
売り上げランキング: 172
 


【特典生写真付き】桜の木になろう(初回限定盤Type-A)(DVD付)
AKB48
キングレコード (2011-02-16)
売り上げランキング: 117
 
【特典生写真なし、イベント参加券あり】桜の木になろう(初回限定盤Type-A)(DVD付)
AKB48
キングレコード (2011-02-16)
売り上げランキング: 193
 

拍手[0回]




主な主演: 
天海祐希、矢田亜希子、玉木宏、谷原章介、生瀬勝久、松田翔太、矢島健一、松下奈緒


映期間 : 2006年4月17日~6月26日
ジャンル: ライトコメディー
主題歌 : Dear friend(Sowelu)
5段階評価: 2・・・目新しさ、無し!!



  ニュースキャスター椿木春香(天海祐希)は夜のニュース番組のアンカーウーマン。彼女は以前はスクープの中で伝説となったキャスターだったが、ある事件により降板させられてしまっていた。物語は、そんな彼女が新番組のニュースキャスターに就任するところから始まる・・。

題名通り、ニュース番組の裏側を知る事が出来る作品。全体的にコメディが強く、しかも1話完結なので安心して見る事は出来る。1話ごとに起きる事件も大したことはなく、これは本当に月曜9時のフジテレビドラマなのだろうかっと考えてしまうほどだ。何となく流し見をする分には楽しめるが、見終わった後に心に何も残りません。

そしておそらくメインであろうコメディ部分も、中途半端。ジャンルとして完璧にコメディをしている作品に比べると、やっぱり見劣りする部分は多々ある。私としては最終回で見せたような笑いのテンポが終始必要だったと思う。

普通の事件、身内の事件、キャスター同士のいざこざ、いまいち方向性が分かりにくかったが、多分この作品のメインは矢田亜希子の成長なんだと思う。天海祐希はいわば飾りだ。存在感こそあれど、何だかいい大人が駄々をこねてる様な情けなさがあって爽快感は無い。

悪い作品ではない。悪い作品ではないけど、他の似たような作品と比べると勝る部分は何も無いと思う。放送が終わった現在。あえて見る必要性はないんじゃないかな?

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]