忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タキシード [DVD]
タキシード [DVD]
posted with amazlet at 12.03.17
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009-04-10)
売り上げランキング: 28998

拍手[0回]

PR
ジャッカル デラックス版 [DVD]
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 71540

拍手[0回]

地球が静止する日 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-05-02)
売り上げランキング: 36167
 

拍手[0回]

幸せのレシピ [Blu-ray]
幸せのレシピ [Blu-ray]
posted with amazlet at 11.07.07
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 5095
 
 

拍手[0回]




製作: 2010年度作品/アメリカ映画
ジャンル: SFドキュメンタリー
5段階評価: 3・・・発想は面白いのだが


南アフリカ共和国のヨハネスブルクの上空に突如として現れた宇宙船。そこに居た宇宙人達は地球人を襲うまでもなく衰弱しきっていた。宇宙人は船を降り、地球で住むことになった。そこは“第9地区”とされ、20年以上も宇宙人が住むスラムとなっていた。

しかし、その現状に嫌気がさした原住民が移住を喚起し始める。MNUの職員であるヴィカス(シャールト・コプリー)は立ち退きの合意を得るために宇宙人達の住処を歩き回るうちに、ひとつの容器を空けてしまい、中の液体を浴びてしまう。その後、ヴィカスの身体に異変が起き始める。


深い。最初は期待はずれな作品だと思った。でも、いつの間にか魅入られてしまっていた。それは何なんだろう。エイリアンに人間味を感じてしまい、人間の非人情さに憤りを覚えてしまう。不思議な余韻
だった。

無表情に見えたエイリアンが、後半になるにつれて表情が豊かに感じる程の感情移入を得られた。
またCGも素晴らしく、とても世間でB級とされてる作品とは思えなかった。


ただ矛盾など納得できない部分が多すぎたのも事実です。
それは、この作品の良かった所を全て台無しにする程の多でした。これは他レビューサイトで多く語ら
れてますので割合しますが、特に私が気になったのが

『エイリアンが何故ここまで地球人に従順なのか?』

地球に来たときは衰弱してたから分かりますが、それからは元気になり宇宙人にしか使用できない強力な武器を持っていたのに、何であそこまで弱腰なのか理解できなかった。何故、兵器を猫の缶詰との取引にしか使わないのか。

物語としての発想は面白かったのに、どこか不満が残る残念な作品でした。

拍手[0回]




製作: 2006年度作品/アメリカ映画
ジャンル: 戦争ヒューマンドラマ
5段階評価: 5・・・重い、しかし心に響く



 1944年6月。第2次世界大戦は佳境となっていた。アメリカは大日本帝国との戦闘を終結させるべく、日本本土空襲の為の理想的な中間基地として硫黄島の攻略を急いでいた。だが、戦争は硫黄島にだけではない。そして戦争にはお金がかかる。

そんな折、硫黄島から一枚の写真が届いた。
彼らの様はまさに英雄・・・政府は、彼らを利用することを決断する。



兄弟作品の「硫黄島からの手紙」を併せて見るのもいいが、これはこれで別の作品である。「硫黄島からの手紙」が戦時中の辛さを語るのなら、こっちは戦後の悲しさだろう。

星条旗を立てたメンバーが間違えて報道されてしまった。生き残った3人は必死になってそれを訂正しようとする。しかし、政府やメディアにとってそれは実に軽い話なのだ。それが特に衝撃的である。当時のアメリカに必要な英雄像は、お金を集めるのに利用できるかどうかだけ・・。そして戦後の彼らへのあまりに冷徹な対応がとても痛いのだ。

また、人種差別に対しても描かれているのにも注目したい。3人の英雄のひとりであるアレンはインディアンであるのだが、英雄である彼に対して民衆が非常に冷たいのだ。戦後、突如として英雄にされてしまい、それでも差別を受ける。正義感が強いため仲間意識も強い彼の葛藤が最初から最後まで丁寧に描かれている。他の2人も、戦時中の声に怯える表情など実にリアルで、思わず自分も物語の1人になってる様な感覚で「はっ!」っとさせられるのだ。

戦闘シーンも迫力がある。「硫黄島からの手紙」よりも緊迫感があります。戦艦がずらっと並ぶ様などは本当に圧巻である。ちなみにDVDの特典映像では本当の硫黄島の戦いが収録されている。それを見ると本当に忠実に再現されてるのが分かるので見る価値ありです。

欠点は、やっぱり戦争映画なのか終始映像が暗いため人物の把握が難しいこと。特に私は外人の見分けが出来ないタチなので、後半になってやっと理解出来た程である。でも、まあ、それ位かな?

勝っても負けても、残るのは“痛み”だけ。それを実に表現しています。私個人的には「硫黄島からの手紙」よりも心に響きました。




<<関連記事>>

・ 評論(映画) 硫黄島からの手紙

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]