忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 2010年度作品/アメリカ映画
ジャンル: SFドキュメンタリー
5段階評価: 3・・・発想は面白いのだが


南アフリカ共和国のヨハネスブルクの上空に突如として現れた宇宙船。そこに居た宇宙人達は地球人を襲うまでもなく衰弱しきっていた。宇宙人は船を降り、地球で住むことになった。そこは“第9地区”とされ、20年以上も宇宙人が住むスラムとなっていた。

しかし、その現状に嫌気がさした原住民が移住を喚起し始める。MNUの職員であるヴィカス(シャールト・コプリー)は立ち退きの合意を得るために宇宙人達の住処を歩き回るうちに、ひとつの容器を空けてしまい、中の液体を浴びてしまう。その後、ヴィカスの身体に異変が起き始める。


深い。最初は期待はずれな作品だと思った。でも、いつの間にか魅入られてしまっていた。それは何なんだろう。エイリアンに人間味を感じてしまい、人間の非人情さに憤りを覚えてしまう。不思議な余韻
だった。

無表情に見えたエイリアンが、後半になるにつれて表情が豊かに感じる程の感情移入を得られた。
またCGも素晴らしく、とても世間でB級とされてる作品とは思えなかった。


ただ矛盾など納得できない部分が多すぎたのも事実です。
それは、この作品の良かった所を全て台無しにする程の多でした。これは他レビューサイトで多く語ら
れてますので割合しますが、特に私が気になったのが

『エイリアンが何故ここまで地球人に従順なのか?』

地球に来たときは衰弱してたから分かりますが、それからは元気になり宇宙人にしか使用できない強力な武器を持っていたのに、何であそこまで弱腰なのか理解できなかった。何故、兵器を猫の缶詰との取引にしか使わないのか。

物語としての発想は面白かったのに、どこか不満が残る残念な作品でした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
「第9地区」こんな映画、見たことない!
[第9地区] ブログ村キーワード  これは、今までに吾輩が見たことのない類の映画でございました。「第9地区」(ギャガ GAGA★)。いやあ、ホントに衝撃的な映画でしたわ。  南アフリカ、ヨハネスブルグの上空に、突如巨大な宇宙船が飛来。何日経っても静止したままの宇宙船に、南ア政府はヘリで偵察隊を派遣。彼らが船内で見た物は、船の故障により衰弱した、不衛生なエイリアンの群れだった。何百万ものエイリアンの群れは、暫定的にヨハネスブルグの“第9地区”にある、仮設住宅に住まわされる。言語も通じず、不衛...
From "シネマ親父の“日々是妄言”" URL 2011.05.08 Sun 11:19
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]