忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「妖怪人間ベム」Blu-ray BOX
バップ (2012-03-28)
売り上げランキング: 2913
 

拍手[0回]

PR
勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX(5枚組)【初回限定生産版】

拍手[0回]




主な主演: 
二宮和也(嵐)、櫻井翔(嵐)、多部未華子 、松岡充(SOPHIA)、 菊池桃子、鎗田晟裕、忍成修吾、吹石一恵 、吉沢悠


放映期間: 2007年7月6日~9月14日
ジャンル: コメディ
主題歌: Happiness(嵐)
5段階評価: 4・・・無駄の無い良作



私立一ノ宮高校。名門中の名門であるこの学校には王子と呼ばれる男子がいた。
山田太郎 (二宮和也)。容姿端麗・成績優秀・スポーツ万能な彼は周囲からの憧れだった。


物憂げな表情は何を思うか…誰もが気になる彼の本当の思い。
それは「昨日繕った制服のおしり、破れてないよな…」「特売日、間に合うかな」であった。


そう、御曹司などと勘違いされているが、彼はとんでもない貧乏だったのだ。そんな彼に興味を持ち、近づく御村託也 (櫻井翔)。彼は正真正銘の御曹司でまさに「王子様」。御村は山田に何を求め、感心を抱いたのか…。



終始、笑って感動しました。基本的に悪人は居ませんからね。安心して誰にでもお勧め出来ます。あまりメディアで取り上げられなかった作品ですが予想以上に楽しめましたよ。

まず、テーマのひとつである家族愛が良かったです。貧乏であることを辛く表すのではなはなく“だからこそ”楽しく強い家族であることが全面に出ていて元気を貰えます。そんな家族の姿に御村が戸惑いながらも魅了されていく様も笑える。

主題歌も元気になれますね。本編のテンポの良さ、さばさばした感じがでてて、今でもかなりのお気に入りの一曲となりました。でも本編にまでエア・ギターはいらないかな(失笑

当初は全く期待していなかった作品。でも、見終わった後には「見逃さなくて良かった」にまで変わっていました。コメディ作品でここまで完成されたドラマは中々ないと思います。

ところでこのドラマ、原作ファンの方にはどうなんでしょう?


どうも「原作を活かしてきれていない」との反応が多かったようです。私は原作を読んだことは無かったんですが、やはり“原作”ありきの作品は賛否別れてしまう物なんですね…。

 

拍手[0回]




主な主演: 
赤西仁(元KAT-TUN)、横山裕(関ジャニ∞)、田口淳之介(KAT-TUN)、香椎由宇 、鈴木えみ、美波、かとうかず子、長谷川初範、半海一晃、片岡鶴太郎

放映期間: 2007年10月16日~12月18日
ジャンル : コメディ/サスペンス
主題歌    : Keep the faith(KAT-TUN)
5段階評価: 2・・・主人公は誰?


「本日も華麗に遊べば事件解決 人呼んで 有閑倶楽部」

聖プレジデント学園の生徒会男女6人は学園の名物である。それぞれが卓越した特技・才覚、そしてコネを持っており、そして全員が正義感の持ち主でもあった。そんな彼らが巻き込まれる様々な事件を華麗に解決する。

ジャニーズの、ジャニーズによる、ジャニーズのためのドラマ!

主役6人の内、男性陣はジャニーズで固めており、さらにゲストでも小山慶一郎(NEWS)や知念侑李(Hey! Say! JUMP)と完璧である! これで何十年も続いている原作のファンを釣ろうとしていたら普通に頭がおかしいです。

俳優の演技はまあ許せる。

展開も悪くない(そもそも原作が良作だしね)

ただ、その場面場面を盛り上げる演出がしょぼ過ぎる。

そもそも主人公を基本的に変えてしまうのはマイナスである。剣菱悠理が霊感の強さから巻き込まれる話しが松竹梅魅録(赤西仁)にすり替わってるなど、とにかく赤西を目立たせる仕様になってしまっている。

とにかく普通だったら他のメンバーが活躍する場面などを赤西メインにするため、少し矛盾が生まれる。まとめは赤西君、中央に立つのは赤西君、こう何でもかんでも赤西にするのは原作ファンとしては辛い(汗)

シリーズ通してバイクを格好良く乗る赤西を何度も見せられて正直ウンザリでした。

しかし1話簡潔なため安心して見れるのも確か。盛り上がる場面は盛り上がる、ストーリーも練られてる。でも、これはやっぱり原作あってのこと。

『ドラマになったからには』ってのが無いんだよね…。全部を見終わった後に、何を楽しみにこれを見ていたのか分からなくなってしまいました。

あと、赤西の演技を初めて見たんですが、彼の演技って微妙だったんだね。木村拓哉を崇拝してるらしいですが、演技のクセとかまんまソックリですね。(鼻のすすり方とかね)

拍手[0回]




主な主演: 
中村優一(D-BOYS)、加藤夏希、はねゆり、ちすん、西田幸治(笑い飯)、木村明浩(バッファロー吾郎 )、岡本あずさ、黒沢年雄、板野友美(AKB48)


映期間: 2010年7月8日~9月16日
ジャンル:  コメディー
主題歌: SOS(たむらばん)
5段階評価: 1・・・原作ファンに謝ろうか



菌が見える少年沢木惣右衛門直保が、入学した大学でちょっと不思議な人達と巻き起こす青春コメディーです。詳しくは、その内に漫画の評論を載せるので、その時にでも…。


まず、言わせてもらいたい。

飯を食ってるときの口元のドアップや、食べたものを吐き出すシーンを見せるな!!しかも美里の!!

ふう、さて…近年希に見る酷い作品だったわけですが…どこから語ったものか…。とりあえず長谷川遥さん役の加藤夏希さんの演技が微妙だったような・・・。何か吹っ切れていないって言うか、原作の勢いさが感じなかった。

また、笑い飯の起用はどうなんだろう?

「似てるから」

本当にそれだけの起用だったら何と情けないことだろう・・・。ドラマの善し悪しは原作と似てるからではないだろう(汗)今まで漫画原作で成功した作品ははたして“そっくり”で成功したのか?考えてもらいたかった。

それに美里や川浜…いくらなんでもオッサンすぎる(涙)美里の起用はまあ仕方ないとして、川浜までオッサンを起用しなくても…。おかげで美里役の西田幸治(笑い飯)のオッサンが際だって、ただのおっさん二人組になってしまってる。大学生と言うには少し厳しいなぁ…。

結城蛍も何て言うか…か、可愛くない(涙)

ケバイ。ただひたすらケバイ。そしてオリジナルの設定が増え過ぎてる。過去の姿や格闘に異様に強い設定やら、キャストを似せたいのか似せたくないのかどっちやねん!

ストーリーも不満だらけ。

原作の名シーンが削除されてしまってる。まず、沢木の菌が見えなくなる件があっさり流され長谷川さんが沢木をギュッと抱きしめての仲直りが無いのはなんなんだい!長谷川さんの不器用さが見えるところが凄い良かったのに!!

最終回はもうひどいの何のって…「もやしもん」らしさのかけらもない。長谷川を助けるために農大のみんなで大暴れ(文字通り農大の皆でですよ?)ひとりひとり減っていく仲間…蛍のアクションシーン…何なのこれ?

全体的にも回想や妄想シーンが異常に多すぎてテンポの悪さを際だたせている

CGは…まあ過度の使用は逆効果ですよね(汗)

菌だけならまだしも何でもかんでもCG使うのはどうなんだい?

また、個人的に気になったのはUFO件の部長に何故イケメンを起用したのか?メディアが喜びそうなオタクファッションをしているが、何か普通に格好良いし。しかも短いクールなのに、いちいち何回も登場させるし…最終回まで出てきていちいち視界に入るのは何故?事務所の力?

ああ、言ってたら本当にきりがない。

原作好きで、このドラマを見た人の感想やトラックバックを是非お願いしたいですね!

まあ、そもそも日常系の作品ってドラマ化は難しい。しかもこの作品は会話を楽しむ作品だし、やっぱり実写化は無茶なんですよ。




<<関連記事>>

・評論(漫画) もやしもん

拍手[0回]

HOME |
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]