忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 2007年度作品/アメリカ映画
ジャンル: ミステリー
5段階評価: 4・・・まさに怖きかな人間心理


 大きな嵐が過ぎ去った小さな町。デヴィッド(トーマス・ジェーン)と幼い息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)は必要となる物を買うためにスーパーへと足を運んだ。その最中、外は霧で覆われ始めた。その濃霧の中から、ひとりの男が血を流しながらスーパーへと逃げてきた。「この霧は危険だ!」男は忠告した。しかし突然言われても信用はされない。

気にせず外に出た男性客。
しかし、直ぐに彼の悲鳴が響き、彼は戻ってこなかった。

霧は何なのか?

何が彼を襲ったのか?

狭い空間で恐怖に怯える人々は、次第にストレスを理不尽な方向へ向けて行き、判断力をも奪っていく……。


まさに“見えない何か”との戦いでしたが、その描写が本当に素晴らしかったです。特に、それらに怯えた人間が、最終的には仲間同士で疑心暗鬼になってしまい協力が出来ない状態になってしまう。それが実にリアルで緊張感が終始張りつめていた。

宗教的な発言が多くて最初はまったく相手にされていなかったが女性が、徐々に周囲から共感され始める所などは心底に人間の心の弱さを垣間見た気がした。

また、賛否が分かれるエンディングですが、
私的には原作を超えたと思っています。

何が正しかったのか?

何が間違っていたのか?

決して弱い存在ではない主人公の行動が、ひたすらに正しい道を導き出すのではなく、迷いや絶望を示す。それが、この物語にリアリティを出していたと思います。

是非、ホラーが苦手だと言う人にも見て頂きたい作品です。

拍手[0回]

PR




製作: 2010年度作品/アメリカ映画
ジャンル: ホラー/サスペンス
5段階評価: 2・・・ホラーのわりには静かな作品



自分の運転する車の交通事故で恋人を失ったマックス。それ以降、彼は妙な幻覚を見る病気に悩まされていた。見かねた父親が、自分が経営する予定のビルに警備員としてマックスを雇った。そこには、あの鏡が存在していた。

出演も監督も代わってしまった作品。しかもアメリカですら劇場公開されたかった物です。
期待しないで見ました。


前作の無理矢理で乱暴な展開と比べると、意外にも丁寧でしっかりしている
でも、ホラーサスペンスとしては少し丁寧すぎる気がする。


序盤の盛り上がりが中盤で萎んでしまうのだ。

また、ちょっと納得出来ない場面もあった。今回は無差別な殺害ではなく、殺されてしまった恨みが根っこある設定です。何でマックスの父親は狙われたんでしょう?意味不明である。

それに後半では女性の幽霊とマックスが意識を通じ合いますが、
だったら最
初からマックスに訴えかけろよと思いました。

恐怖シーンも、ただ繰り返してるだけで。しかも“1”からの繰り返しだから、さすがに飽きた。目新しさはなく、続編として進化はしていなかったのは非常に残念でした。しかし、前作よりは理不尽さは無く、ストーリーを重視したのは良かった。

うーん…バランスが難しいのかな。
前作の迫力と恐怖、今作のストーリー展
開を足して割れば丁度良いんですけどね。




<<関連記事>>

・ 評論(映画) ミラーズ

拍手[0回]




製作: 2008年度作品/アメリカ映画
ジャンル: ホラー
5段階評価: 2・・・グロいだけ


 誤射によって警官をクビになっていたベン(キーファー・サザーランド)は警備員として働くことで人生の転機を図った。その場所は以前に火災があったデパートの夜勤。彼はそこで、ある鏡に触れた。そして、それが恐怖の始まりだった…。


中盤までは面白かったです。鏡の恐怖も途中まではハラハラしました。でもオチがあれでは(汗)ホラー映画のお約束過ぎます。

せっかく題目として「ミラー」を扱ってるのに中盤以降は“ただの呪い”に成り下がってるのも多いな減点です。これじゃ、その他の多数ホラー作品と何ら変わりません。

また、主人公の行動ひとつひとつには納得出来ない。暴力的だし、強引だし、短絡的だし。そのせいで解決出来ない事柄も多く、まったく共感出来なかった。巻き込まれた人達が哀れです。

グロさと音で驚かせる部分も多く、まあホラー映画らしいっちゃホラー映画らしい作品でした。これできちんと伏線やら設定やらを散りばめて回収していたら神作品になっていたのにな。残念!




<<関連記事>>

・ ミラーズ2

拍手[0回]

モンスターズ・インク ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-06-19)
売り上げランキング: 5,175

製作:2001年度作品/アメリカ映画(CGアニメ)
ジャンル: ファンタジー
5段階評価: 4・・・予想を超えた良作



約一時間半の映画ながら十分満足しました。
ディズニーとピクサーのエンターテイメント・ムービー。これを見るまではディズニー物はなんとなく受け付けず、最初から最後まで見た作品はありませんでした。しかしとあるきっかけで友人と見る事になったんですが・・・面白い

予想とは違いちょっと感動してしまいました。
さすがガックンも感動した映画です。

ストーリーは、とあるモンスターシティーは貴重なエネルギー源は人間の子供の悲鳴から得ていた。そのエネルギーを作る会社のエリート「サリー」はある日人間の女の子に懐かれてしまう事から事件は始まる。

まず、この映画は子供の気持ちで見てください。大人の視点で見ると冷めてしまう部分もあるからです。かくゆう自分もふと「子供が居なくなって大人は騒がないのか?」と思ったりや、「これ最後は笑い声でエネルギーを取るんだろうな~」などと言って当ててしまったりしていました(汗)

後、これは人それぞれですが、この映画吹き替えバージョンで見るのがお勧めです。
サリーの相方の吹き替えは爆笑問題の田中がやっているのですが、かなりうまい!
アドリブも関心させられました。




<<関連記事>>

・ 評論(映画) WALL・E/ウォーリー
・ 評論(映画) 魔法にかけられて
・ 評論(映画) ホーンテッドマンション
・ 評論(映画) アリス・イン・ワンダーランド
・ 評論(映画) オズ はじまりの戦い

・ 評論(映画) パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
・ 評論(映画) パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
・ 評論(映画) パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

拍手[0回]





製作:1999年度作品/アメリカ映画
ジャンル: アクション
5段階評価: 4・・・CGが全て



 ニューヨークの企業で働きながら平穏な日々を過ごしていたネオ(キアヌ・リーブス)はある日トリニティに出会い、自分の住む世界の異変に気づく。

キアヌ・リーブスの代表作ですね。当時、DVDが見れるPS2の発売と同時に出たものだからこの映画のDVDは飛ぶように売れました。私は友人が買った物を見せてもらった口ですが・・・。

まず、期待してたよりは面白くなかったですね。ストーリーは普通な感じで物足りなかったです。しかし、CGや格闘シーンは見ていて楽しかったです。この映画のためにキアヌは空手の練習をしたらしいですが流石ですね(ときたま、可笑しな動きはありましたが)。

まあ、総合的には満足した作品です。ただ当時、この映画のDVDのCMを流しまくったせいで期待しすぎてしまったため少々物足りなさを感じたと・・・。後にTVで放映された時みたら結構面白い映画と気づいた。

拍手[0回]




製作: 2002年度作品/アメリカ映画
ジャンル: 近未来サスペンス
5段階評価: 4・・・頭痛い(笑)



 時は2054年、場所はワシントンDC。犯罪予防局の刑事ジョン・アンダーソンは、予知能力者・プリコグの透視により、次々と犯罪を未然に防ぐ捜査官だった。しかし、そん中プリコグがジョンを未来の犯罪者と予知してしまった。追う立場から追われる立場へ、しかしこれは明らかに仕組まれたもの。ジョンは追われながらも犯人を見つけなければならないのだった。

難しい、非常に難しい作品だった。

例えばこの物語の最初にバックでかかる曲はシューベルトの未完成。つまり事前に犯罪を予知して逮捕するシステムは未完成と言うメッセージなのだが、こんなのを深く考えながら見てたら疲れてしまう箇所が多々あるでる。適度に考えて見るようにしましょう(笑)

近未来って設定も非常にうまく利用してると思う。目玉を取り替えるシーンや、眼球検査をするロボットが包帯をずり上げるシーンなどはドキドキしっぱなしである。プリコグの予知により敵を避けていく場面も見応えがあるし笑える。

さて最後の展開だが、はたして納得することが出来るかどうかは疑問になるだろう。

ジョンを陥れたのは確かに分かったのだが、結局ジョンの息子を殺したのは誰だったのだろう?っと疑問が残らないだろうか?作品の主軸じゃないっちゃ主軸では無いし気にするのは野暮なのかもしれないのだが、やっぱりちょっと気になった。

また、個人的な希望としては、ジョンのライバルつか、ジョンを追う捜査官には死んでほしくなかった。途中で事件の真相を知っていったまでは良かったのだが、その直後で死んでしまうのでは彼の存在意義が半減してしまわないだろうか?私個人としては彼には途中で気が付いた時点でジョンを影で協力するパートナーとして働いてもらって、最後に握手でもしてもらいたかった。・・・考え古いっすかね(汗)

拍手[0回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]