忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 2002年度作品/アメリカ映画
ジャンル: 近未来サスペンス
5段階評価: 4・・・頭痛い(笑)



 時は2054年、場所はワシントンDC。犯罪予防局の刑事ジョン・アンダーソンは、予知能力者・プリコグの透視により、次々と犯罪を未然に防ぐ捜査官だった。しかし、そん中プリコグがジョンを未来の犯罪者と予知してしまった。追う立場から追われる立場へ、しかしこれは明らかに仕組まれたもの。ジョンは追われながらも犯人を見つけなければならないのだった。

難しい、非常に難しい作品だった。

例えばこの物語の最初にバックでかかる曲はシューベルトの未完成。つまり事前に犯罪を予知して逮捕するシステムは未完成と言うメッセージなのだが、こんなのを深く考えながら見てたら疲れてしまう箇所が多々あるでる。適度に考えて見るようにしましょう(笑)

近未来って設定も非常にうまく利用してると思う。目玉を取り替えるシーンや、眼球検査をするロボットが包帯をずり上げるシーンなどはドキドキしっぱなしである。プリコグの予知により敵を避けていく場面も見応えがあるし笑える。

さて最後の展開だが、はたして納得することが出来るかどうかは疑問になるだろう。

ジョンを陥れたのは確かに分かったのだが、結局ジョンの息子を殺したのは誰だったのだろう?っと疑問が残らないだろうか?作品の主軸じゃないっちゃ主軸では無いし気にするのは野暮なのかもしれないのだが、やっぱりちょっと気になった。

また、個人的な希望としては、ジョンのライバルつか、ジョンを追う捜査官には死んでほしくなかった。途中で事件の真相を知っていったまでは良かったのだが、その直後で死んでしまうのでは彼の存在意義が半減してしまわないだろうか?私個人としては彼には途中で気が付いた時点でジョンを影で協力するパートナーとして働いてもらって、最後に握手でもしてもらいたかった。・・・考え古いっすかね(汗)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
マイノリティ・リポート
おもしろい!ってわけでもなく、つまらない!ってわけでもなく、まぁ普通の作品かな。 案としてはおもしろいかもしれないけど、映画的な旨みはすくなかったかな。映像然り、迫力然り。
From "しーの映画たわごと" URL 2010.08.23 Mon 10:36
マイノリティ・リポート
SFといえばこの人、フィリップ・K・ディックの同名の小説を スピルバーグが映画化。 スピルバーグの作品はあまり信用してないのだけれど 原作は面白いと聞いたので とりあえず映画館に観に行きました。 西暦2054年、ワシントンDC。 政府は“プリコグ”と呼ばれる3人の予
From "映画、言いたい放題!" URL 2010.08.24 Tue 20:29
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]