忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 2007年度作品/アメリカ映画
ジャンル: ミステリー
5段階評価: 4・・・まさに怖きかな人間心理


 大きな嵐が過ぎ去った小さな町。デヴィッド(トーマス・ジェーン)と幼い息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)は必要となる物を買うためにスーパーへと足を運んだ。その最中、外は霧で覆われ始めた。その濃霧の中から、ひとりの男が血を流しながらスーパーへと逃げてきた。「この霧は危険だ!」男は忠告した。しかし突然言われても信用はされない。

気にせず外に出た男性客。
しかし、直ぐに彼の悲鳴が響き、彼は戻ってこなかった。

霧は何なのか?

何が彼を襲ったのか?

狭い空間で恐怖に怯える人々は、次第にストレスを理不尽な方向へ向けて行き、判断力をも奪っていく……。


まさに“見えない何か”との戦いでしたが、その描写が本当に素晴らしかったです。特に、それらに怯えた人間が、最終的には仲間同士で疑心暗鬼になってしまい協力が出来ない状態になってしまう。それが実にリアルで緊張感が終始張りつめていた。

宗教的な発言が多くて最初はまったく相手にされていなかったが女性が、徐々に周囲から共感され始める所などは心底に人間の心の弱さを垣間見た気がした。

また、賛否が分かれるエンディングですが、
私的には原作を超えたと思っています。

何が正しかったのか?

何が間違っていたのか?

決して弱い存在ではない主人公の行動が、ひたすらに正しい道を導き出すのではなく、迷いや絶望を示す。それが、この物語にリアリティを出していたと思います。

是非、ホラーが苦手だと言う人にも見て頂きたい作品です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
映画「ミスト」
ミスト 監督 フランク・ダラボン 出演 トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー, トビー・ジョーンズ 2007年 ミスト [DVD]
From "<花>の本と映画の感想" URL 2011.03.27 Sun 19:41
ミスト
もう、褒めたいところとダメ出ししたいところてんこ盛りです。フランク・ダラボンというよりは、スティーヴン・キングへということなのだろうか。とにかく、物議というかネタが多 ...
From "しーの映画たわごと" URL 2011.03.28 Mon 09:32
ミスト
スティーブン・キング原作と聞くと 何故かやっぱり気になる。f(^^;) それにキャッチコピーは 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」 だそうです。 ほんとか~?(笑) 激しい嵐が街を襲った翌日、 湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。 デイヴィッドは不安
From "映画、言いたい放題!" URL 2011.04.01 Fri 22:59
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]