忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2013-04-09)

女型の巨人の捕獲に成功したエレン達。
だが、正体であるアニは自らを結晶化し、謎を残したまま舞台を降りてしまった。


困惑するエレン達の前に、ある人物が巨人の謎に関するヒントを与える。
それを解く人物はクリスタ。よくユミルと行動している少女である。


しかし、別行動中のクリスタはユミル・コニー・ベルトルト・ライナーと共に多くの巨人に囲まれていた。先輩達は全員食べられてしまい絶体絶命の最中、ユミルが予想だにしない行動に出る。



感想を書かなかったわけじゃない。
書けなかったんだ…。


びっくりした、まさかサシャが一コマも登場しないなんて!
「前巻で活躍させたからいいでしょ?」とか調子こいてるじゃないでしょうね!?


サシャ、もとい嫁が出てこないなんて……
分かりますか?この作品の柱が無いんですよ?


主人公=サシャですよ!

ヒロイン=サシャですよ!

巨人=サシャですよ!

ついでに今までライナーは巨人説を否定してきたから
書くのためらってたんだよ言わせるなよ恥ずかしい(////)


でもライナーの他にもユミルやベルトルトまで巨人ってのは驚きました。
読み返すと確かに伏線や、意味深な場面も多かったね。

 


>
-納得のベルトルト-
 
この作品の良いところは、とにかく引き延ばしが無く読者を良い意味で考える暇もなく進んでいくところにある。惰性を全く感じないんだよね。この巻でも意味深で重要なキーワードは沢山出てました。

ただね…今更で感想を書いてもね…。
既に他の考察サイトで沢山の内容が暴かれつつありますしね。
(検索はお勧めしない。私は後悔してる)


だったら何時ものように推しメンであるサシャを語ればいいのですが、
肝心のサシャは出ないし…。


「そろそろ、この作品ともお別れかな」

そう…ぼんやり表紙を眺めてたら気が付いたんです。


-女神-



LESSON5は…このために!


器量良し!
性格良し!
ルックス良し!

驚きの3・3・7拍子である。


しかし、私がこの巻でクリスタに叫びたいことは、ただひとつ!



-手、邪魔!!!-

……




私は受け継いだ人間だ!
飢えなきゃ勝てない!気高く飢えなくては!!



当ブログは、これからはクリスタとサシャを強く推していきます。



<<関連記事>>

・評論(漫画) 進撃の巨人 1~3巻
・評論(漫画) 進撃の巨人 4巻
・評論(漫画) 進撃の巨人 5巻
・評論(漫画) 進撃の巨人 6巻
・評論(漫画) 進撃の巨人 7巻
・評論(漫画) 進撃の巨人 8巻
・評論(漫画) 進撃の巨人 9巻

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]