忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バジリスク~甲賀忍法帖~(1) (アッパーズKC (197))
せがわ まさき
講談社
 
おすすめ度の平均: 4.0
4 現代のバトル漫画の原型
4 素敵漫画
5 完成度の高さ
4 目が素晴らしい。
4 キャラが魅力的
 
 

 江戸の世、天下人は徳川家康の時代であった。徳川家康は互いに憎しみ合う甲賀と伊賀という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。だが、憎しみ合う両家の中で、共に後とりである甲賀弦之介(げんのすけ)と伊賀の朧(おぼろ)は深く愛し合っていた。二人は争わねばならないのか?それとも生きる道があるのだろうか?そんな悩む間すら、二人には与えられなかった・・・

面白いです。絵も綺麗なのですが、注目すべきはその濃密さ!

1巻でほぼ半分近くが死んでしまう辺りがそれを証明させる。それでいて人物全員きちんと感情移入させてくれるのだ。それ故に誰かが死亡するととても悲しいし、戦いの残酷さを物語る事が出来る。

私が一番気に入った場面は、朧の「大好きです。弦之介様。」と言う台詞であり、甲賀弾正とお幻の悲しい運命が描かれた場面であった。特に朧の台詞の場面は涙無しで読む事は出来ないでしょう。弦之介の目が開くのがあと少し早かったらどうなっていた事か・・・。

また、この作品は誰もが主人公であるので、様々な視点で見るのも面白い。例えば薬師寺天膳も彼の視点で読めば一番彼が伊賀に忠実であるのが分かり、応援とまではいかないが(笑)共感できる。

巻数で言ったらたったの5巻ですし読む価値はあると思いますよ?


5段階評価・・・4

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]