忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Hyper Hybrid Organization 01‐02―突破 (電撃文庫)
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 213271
 
おすすめ度の平均: 4.5
5 <!>
4 スポ根!?
 


 恋人の死によって復讐を誓った貴久はユニコーンの1員になるためにその身を投げた。まず、彼を待っていたのは鬼のような教官。そして地獄のような特訓だった。

まだまだ、序章かな?ってのが正直な感想です。面白いのは確かなのだが結局のところ丸々1冊が訓練なのが少し悲しい。それでもユニコーンと言う組織の片鱗を知る事は出来るし、1巻で登場人物がやや少なく感じた分2巻では実に多くの人物が登場する。

このての施設にはもってこいの不良も所々ある意味おいしいし(笑)小澤の成長も見ていて楽しい。そして貴久と共に正式な1員となって、これからって所で次巻に続いてしまうのだ。

後、この巻で1番残念なのが、施設を卒業できる合格率が結構高く感じたことかな?卒業試験で主人公達以外も合格者がいたことは、ある意味主人公が特別な存在じゃないってことでリアルさはあるが、それでも試験において主人公は特別って思える何かが欲しかった。死亡者が出なかったのも緊迫感は弱くなったかな?

とにかく序章。この巻はこれからの壮大な物語の始まりにしかならない。きちんと次巻が気になる様になってますし、これから登場した人物達がどう絡んでくるか?主人公の動向は?ガーディアンは?今、貴久の本当の戦いが始まろうとしている!

いやー、この展開の遅さは読む人を選びますね(汗



<<関連記事>>

・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-01
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-03
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 00-01
・ 評論(書籍) タイム・リープ―あしたはきのう―

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]