忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)
益子 昌一
小学館
売り上げランキング: 287939
 
おすすめ度の平均: 4.0
1 う~ん…。
1 う~ん…。
3 世界の中心で愛を叫ぶの方が良い。
5 映画が好きだった人に。
4 律子の本!という感じがした。
 
 映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』の律子視点の作品です。展開は映画そのものですので、その時その時に律子が何を考えながら行動していたか分かり面白かった。映画では語られなかった箇所も書かれておりファンの方は読む価値は十分にありと考えて良いでしょう。

また、この本の題名『指先の花』。意味が分かった時は泣きそうになった!!

映画では主人公は本当に律子の事好きなのかよ?って感じでしたが、この作品にて二人のほのぼのとした恋愛感情を見ることができ良かったです。

他にも主人公が過去を大切にしつつも前に進もうとする心情など、この本を読むことで納得出来ない部分がすっきりしました。

一応、映画を見て無い人も読めるらしいですけど、やはり映画を見ないとこの本を読む意味はないでしょう。感情移入もしやすいですし。



<<関連記事>>

・ 評論(映画) 世界の中心で、愛をさけぶ
・ 評論(書籍) 世界の中心で、愛をさけぶ



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]