忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ランチの女王 DVD-BOX
ランチの女王 DVD-BOX
posted with amazlet at 14.04.03
フジテレビ (2003-01-08)
売り上げランキング: 8,657


東京下町の洋食店、『キッチンマカロニ』は今日も大盛況。
働く男たちも伝統の味を守るために毎日を奮闘していた。

そこに訪れたのはカフェで働く一人の女性なつみ(竹内結子)。

彼女の生きがいは美味しいランチを食べる事。ある日、カフェの常連客(堤真一)が彼女に「日本一のオムライスを食わせてやる」と言うのだった。あまりにも唐突で怪しい話だが、オムライス食べたさに彼女は着いていくのだった。その場所こそが『キッチンマカロニ』であり、物語の始まりであった。


今じゃ考えられないくらい豪華なキャスト。

恋愛よりもホームコメディの方が正しいかもしれないかな?主人公であるなつみを中心に、兄弟の結束が強くなっていくのがこの物語の主である。 実に美味しそうに食べる竹内結子は本当に食べている物を実際に食べたくなってしまう。それもこのドラマの味なのだが、1番の見所はその安定性なのかもしれない。なつみや鍋島家の男4人兄弟、従業員の牛島ミノル(山田孝之)など個性はあまり強くは無いが、実力派俳優だけあって安心して見ることが出来た。

エンディングの夢オチに関しては賛否両論だが、私的にはこれで良かったと思います。

このドラマはあくまでホノボノとしたコメディであり、一人の女性を取り合うドロドロな昼ドラとは違うのである。ここで一応次男(江口洋介)とくっつく夢を出す事で視聴者の想像力で完結させる事を可能にしたのである。つまり、誰かとくっつかないと満足しない人もこの夢で「ああ、もしくっつくなら次男なのかな?」と思えるのだ。

ただ総合して「どうだった?」っと聞かれると、そこまでじゃないかもしれない。記憶に残るドラマにはならないだろう。安定したドラマだけにリアルタイムでのんびり見るにはいいかもしれませんが、DVDをレンタルや買ってまで見る程じゃないかもしれませんね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]