忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




主な主演: 
織田裕二、矢田亜希子、玉木宏、森山未來、片瀬那奈、
MEGUMI、坂本雄吾、桜井幸子(特別出演)


放映期間: 2004年10月11日~2004年12月20日
ジャンル : 恋愛
主題歌  : ラストクリスマス(織田裕二)
5段階評価: 4・・・ベタじゃないのが何より



 2004年、クリスマス、カナダ。春木健次(織田裕二)はひとりでそこに居た。それを不思議に思う案内人。「一人で来たのかい?」案内人の言葉に青木は「違いますよ」と答え、ポケットから包装された箱を取り出すのだった・・・

話は1年前にさかのぼる。青木はあるスキー関連の仕事に就いていた。そこで秘書課に勤める青井由季(矢田亜希子)と出会う。そして彼女はなんと青木の隣の、しかもドアで繋がってる部屋に引っ越して来たのだ。親しくなっていくにつれ、青木は青井の秘密を知っていく。昔はレディースだった事、それでも彼女は優しい女性だと言う事、そして彼女の病気の事
を・・・


テンポが良く、とても見やすいので誰でも楽しめるでしょう。それを支えるのが織田裕二をはじめとする豪華俳優人!最近は(NHKですら)話題作りで俳優を決める中、これは素晴らしいでしょう。脇役一人一人にもきちんとドラマがありダラダラした感じは無い。

それでも、途中ちょっと納得いかない展開があったのは確か。日垣直哉(玉木宏)の行動や、青木の昔別れた女性が「やっぱりあなたが良かった!」っと言ってきた所など「おいおいおい!」って思ってしまった。

このままベタな方向に行くのかと残念に思ってましたがそうならなかったのは心底安心した(笑)やっぱり最後はハッピーエンドが一番!っと思わせてくれた作品です。楽しい掛け合いがこのドラマのウリですもんね。エンディングから一年後の元気な2人が見れたのも嬉しい所。

当時、月9は酷評が多い中、この作品はとても面白かったと思います。
やっぱこれからも織田裕二は月9に出てもらわないとね(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]