忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




機種: ニンテンドーDS
製作: レベルファイブ
ジャンル: ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー
5段階評価: 3・・・社会人向けではない?



当初は3部作と銘打って出されたシリーズ物。
しかし、気が付けば人気シリーズとなり終わらせるにはもったいないんで、最初の3作を「第一シリー
ズ」として区切ってシリーズを続けていくことを決定。

なので第一シリーズって言っても1作から3作が繋がってるわけではない。

ちなみに私は最初の3作品

1作目:レイトン教授と不思議な町
2作目:レイトン教授と悪魔の箱
3作目:レイトン教授と最後の時間旅行


これしかプレイしてなかったり…(汗)
でも、こういう人は多いと想う。


キャラクターやストーリー性で売ってるわけじゃないからね。声優もメイン陣は本職を使ってないんでオタク層を取り組んではいない。これも持続してファンを会得していない要因かな。
また、メインである謎々であるが、これは結構難しい。

ヒント無しで解くことが出来たら確かに爽快だが、ずっと続けるには集中力を必要とします。


推理物ではないので、本当にひたすらひたすら謎々を解く。
意外とこれが社会人には厳しいみたいです。


結構多くの友人に貸しましたが、ちゃんと終了して返してきたのは僅か…。

クリアしないで返した人の理由は決まって
「仕事で疲れて帰ってきて、その後にまた頭を使って疲れたくない」
だからでした。分からないでもない。


また、俳優声優の演技の下手さにはビックリした。
主人公二人は違和感は無かった(そもそも大泉洋は舞台俳優で発声は上手)


しかし、脇役などのゲスト役を務める俳優さんが下手に思えた。
特に私が気になった方は、大沢たかおさん。


もともと起伏の激しい人物じゃないから序盤は気にならなかったんですが、
後半で叫ぶシーンが増え始めると、なんだか残念な場面が多かった。


やっぱ俳優と声優じゃ使う技術は違うんだなっと改めて実感した瞬間でした。

全体的に謎々には特化してるけど、後は中途半端なイメージですね。
もっとオタクに媚びても損はないと思うんですが…。


---------------------------------------------------------------------------------


リボルテックヤマグチ No.086 レイトン教授
海洋堂 (2010-03-13)
売り上げランキング: 5606
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]