忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





製作:2004年度作品/アメリカ映画
ジャンル: ホラー・/コメディ
5段階評価: 1・・・飽きる



ジム・エヴァース(エディ・マーフィ)は不動産屋を営む敏腕サラリーマンだった。いつも仕事の事を考えていた彼だが、たまにはと考え妻のサラと二人の子どもと週末の旅行に出かける途中だったのだが・・。

しかし人里離れた入り江にたたずむエドワード・グレイシー邸、ニューオリンズの富豪が南北戦争以前に建てたという壮麗なゴシック風の大豪邸に急遽呼び出されてしまった。旅行の途中だが、これほどの大豪邸の売却を仲介できれば、人生最大のビジネス・チャンスなのである。彼は家族をなだめながらもその豪邸へと足を向けた。



ディズニーランドのアトラクションの映画化第2弾!

前作『パイレーツオブカリビア』は大ヒットで良作でしたが、今回は期待はずれでした。
展開がとにかく無理やり。驚かせるような場面なのに驚きが少なかったりの連続はいかがなものかと(汗)

笑いの部分をふんだんに使いすぎたのかなー?怖いであろう部分が少しも怖くないんだよな。何かアトラクションで遊ぶ家族を見ている感覚に近い。その原因は多分どんなにピンチでもエヴァース家に余裕が見え隠れする所にあると思う。最後の悪役も「皆死ねばいい!」なんて言って何かを召還しましたがどういうわけか自分しか殺られませんでしたし。緊張感ゼロの映画でした。

後、アトラクションの場面が前作と違って無理やり取り込み過ぎ!
歌う石像はいらないでしょ・・・。

大きなハズレの原因は主演のエディ・マーフィーだと私は思います。この作品はホラーなんだから、配役はやっぱりホラー映画の大御所とかを持ってくれば良かったと思います。前回はまだ無名だったオーランド氏を起用したりと冒険したんだがな。期待を背負っちゃっただけに安配に走っちゃったのかな?




<<関連記事>>

・ 評論(映画) モンスターズ・インク
・ 評論(映画) WALL・E/ウォーリー
・ 評論(映画) 魔法にかけられて
・ 評論(映画) アリス・イン・ワンダーランド
・ 評論(映画) オズ はじまりの戦い

・ 評論(映画) パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
・ 評論(映画) パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
・ 評論(映画) パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]