忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Hyper Hybrid Organization 01‐01―運命の日 (電撃文庫)
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 190086
 
おすすめ度の平均: 3.0
4 面白いがオススメできない・・・
2 力不足…か
5 <!>
1 なんだか拍子抜け。
 


山口貴久は大学院生。
ハイブリットの研究をしていて彼女も居る。平凡だが満足のいく人生を送っていた。

しかし平和は突然終わりを告げる。喫茶店に現われた、世間を騒がす黒い覆面集団、そしてガーディアンその戦いに巻き込まれ、恋人の緑川百合子は死んでしまった。

しかも不可抗力と言えども恋人を殺したガーディアンは世間ではヒーローとして取り上げられていた。恋人が殺される前にも後にも・・・・。貴久はそれが許せなかった。

失望の中で決めた決意。

それは復讐だった。



連載物の小説では久々に続きが読みたくなりました。ハイブリッットを始めに専門的な単語は出てきますが分かりやすく説明されてます。

また、単純そうで奥が深いストーリー。これが読みやすくてとても好感触。普通SFやサスペンス物は単純な構造の話をやたら小難しい単語をばら撒けて理解しにくくしますからな。

また、文章に格好付けた様子が見られないのも良い。言葉一つ一つがいわゆる『普通の人だったらこうなるだろう』と共感できる物なのだ。これも無理に格好付けてない難しい言葉で飾らない事の良い特徴だろう。

この作品には善と悪ははっきりしない。

それを表しているのがガーディアンだろう。世の中がヒーローと称える。彼女が命をかけて守った子供すらガーディアンに憧れるのだからおかしな世の中だ。だが、これはあくまで主人公の視点。つまりこの作品において主人公はあくまで一人なのだ。

人の心すらも操る。これこそが悪。
それに主人公がいかに立ち向かっていくか。この先が楽しみです。




<<関連記事>>

・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-02
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-03
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 00-01
・ 評論(書籍) タイム・リープ―あしたはきのう―

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]