忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





製作: 2003年度作品/日本映画
興行収入: 30.8億円
ジャンル: 人間ドラマ
5段階評価:  4・・・そうきたか~


 舞台は九州阿蘇のとある地域。ある日、この世を去ったはずの人々が生前の姿で現れた。願い続け、再会を喜ぶ人々。戸惑う周囲。

厚生労働省に勤務する川田平太(草なぎ 剛)は、この奇妙な事件の真相を探るべく、死んだ親友・俊介のフィァンセ・橘葵(竹内結子)と再会し、調査を始める。そして二人は突き止める。“黄泉がえり”の人々が三週間しかこの世に居られないことを・・・。

深い話です。そして泣けます。この映画は「そうきたか~」って部分があるのですが、これを言ったらこの映画の魅力が半減してしまうので語らないでおきます。全体を通してかなり泣ける映画ではあります。ただ、最後、もうちょっと生き返った人の別れが長くても良かったと思います。やけにあっさりしていたような・・・。せっかくあれだけ登場人物がいるのにもったいないと思った。

しかし、この映画における“黄泉がえり”は生き返った人ではなく残された人に対するものと考えれば納得は出来る(主人公は違う考えでしたが)。

あと登場人物のひとり”RUI”の存在をもっと明確にしても良かったのでは?それと後半は何だか”RUI”のプロモーションビデオみたいに歌が長かった・・・。

しかし、全体ではかなり良く出来た映画です。見て損は無いでしょう。ビデオでもDVDでも映像特典が付いてますし。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]