忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 

製作:2002年度作品/日本映画
興行収入: 5億円
ジャンル: ホラー
5段階評価: 3・・・怖いと言うか何と言うか



 ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。

数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来、一家は不吉なことに見舞われ続けていた。やがて勝也の妹・仁美が不審に思いこの家にやって来るが、どこか様子のおかしい勝也に門前払いされてしまう。これを機に、仁美にも不吉なことが憑きまとうようになり…。

数人の登場人物からなる各エピソードの短編ストーリーであり、時間経過がバラバラだがどこか繋がっている。

分かりにくいようで、やっぱり分かりにくい。

見終わった後しばらく考え込んで理解すれば納得出来るだろう。しかし結局は最後まで何の解決もされていない所など、いかにもホラー映画の特徴で「続編出ますよ」と言っているようで腹立たしい。とりあえず何らかの形で区切ってもらいすっきりしたかった。

肝心の怖い場面も最初は怖かったがその内慣れてしまった。

ドキドキはしたがこれは『さあ次はどんな展開でくる?』みたいなワクワ感に似ていたので怖くは無かったのであろう。まあ怖いって言うよりは驚かされるって感じなのかな?

それと、CGやら特殊効果で驚かされたが、女子高生の話(名前忘れた)で友人達が白い顔で出て来ましたが、あれは無いだろう!まるでコントの中のホラーみたいだった。顔を白く塗り目元を黒くする。まあ、それはいいけど両腕を前にダランと出した格好で歩く姿は少し古くないか?それに死んで遺体となって見つかるなら分かるが祭壇に吸い込まれて行方不明ってのはなー(汗)

やはり怖いよりもグロイの方が表現は正しいかな?まあ、何だかんだ言ってホラーとしては及第点じゃ無いでしょうか?心臓の弱い方やホラーが駄目な人にはやっぱりお勧め出来ません。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]