忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作:2005年度作品/日本映画
興行収入: ?
ジャンル: 人間ドラマ
5段階評価: 1・・・最初ダラダラ最後もダラダラ



 もし人生をやり直せるなら、あなたはどうします?これは過去にタイムスリップしてしまった人達の物語。ある人は恩人に、ある人はかけがえのないパートナーに、そしてある人は初恋の人に・・。

なんて言えば聞こえはいいですが!!はっきり言って感動しません!!さあ泣くぞ!って感じに見に行ったのであまりの失望に怒りが収まらない。「ファンタジーなんだから」と言った解釈で納得する器の広い方もいるかもしれまでんが、私は駄目だった。すっごいネタバレで語らせていただきますので見に行く予定の方は気をつけてください!

まず、詰め込みすぎ!4人も要らなかったね。

つーか主な主人公は鈴谷比呂志(伊藤英明)なんで本当に他の人たちはオマケです。もの凄くおまけです。要りません。

特に酷いのがクドカンであり、演技力うんぬんよりも存在感の薄さが悲しかった。過去に来た理由がイタズラの後悔って理由が非常に”弱い”。他にも主人公の物語が感動しないのは問題である。理由は後に語るとして老婆(倍賞千恵子)の方が何倍も感動した。しかし、それすら問題でありダラダラするものだからクライマックスまでに涙は枯れてしまっている(泣いてはいませんが)。

それぞれの人物の物語を使い分けてないのだよ。場面展開は激しすぎてついていけないし、ちょっと盛り上がったと思ったらダラダラの繰り返し。せめて最初はダラダラで、最後に全員のエピソードをドバっと解決して欲しかった。

究極の減点ひとつめ
主人公達が飛行機事故で死んでいたって言う設定はいらない!!!

確かに驚かされはしたが「それで?」と言った感じである。何より最初こそ多少悩むものの、主人公がそれを引きずらない(気にしていない)様子に疑問をいだく。

究極の減点ふたつめ
ヒロイン和美(ミムラ)が死なない!
病気なのは分かった。主人公の未来で死んでいるのも分かった。そして過去である今で、死んでしまうのなら感動するだろう。思いを伝えられ、でも彼女は死んでしまい、それを乗り切り現代へ戻るってエンディングだったらどんなに感動した事か。

彼女の父親が「後遺症は残るが、それでも手術すれば治るんだ」と言った瞬間、今後の展開が読めてしまい萎える萎える・・・。治るのに「バイオリンが弾けないなら死ぬ」っとただの我がままで死ぬ事を選ぶ彼女にいったいどう感情移入出来るだろうか?

究極の減点みっつめ
過去と現代の整合性が無い!
今回、主人公の頑張りにより和美は生きる事を選ぶのですが、なんと現代でも和美は生きている設定になっています。しかも彼女は現代において、昔大人の比呂志に会った事を覚えています。理解しています。それはそれで良いのですが、では何故比呂志は過去に大人になった自分と会っていた事を覚えていないのでしょう?また未来が変わってしまっているのなら他の人物と関わりがあった人達など大問題のような気がする。

究極の減点よっつめ、そして結論
結末が非常に曖昧
なんで主人公が居なくなる瞬間を省くかなー?これで感動しますかい?抱きしめ合う次の瞬間主人公死亡のニュース。これでどう感動すると言うのだ?んん?

しかもいきなり登場人物全員出てきて夢物語ですよ。意味が分からない。誰かの願望?それとも夢?

また最後に和美の視点に持って来るのはいかがなものか?そしていきなりの「この胸いっぱいの愛を」発言。なんだか「いま、会いに――」と被って見えました。っと言っても「いま、会いに――」と違ってこのドラマで”愛”はかなり希薄なので台詞には違和感あり。

他にも疑問点が残る設定、展開が多かったが言い出したら本当にきりが無い。誰かこの映画の良かった所を教えてください・・・(汗)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]