忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベルセルク (1) (Jets comics (431))
三浦 建太郎
白泉社
 
おすすめ度の平均: 4.5
5 ファンタジーと言えばこれ
5 この世にこんな凄い漫画が存在するとは・・・
5 日本で一番面白い漫画です!!!
5 「…げる。」
5 長く続いてほしい
 


 アニメにもゲームにもなっていますし、なによりその売り上げの凄さはこの作品の人気を物語っている。実は私はこの漫画は持っておらず、友人のを呼んだり立ち読みで読んだりしている。最新刊まで読んでいるのだが、今何巻まで出てるかは分からず(汗

1~3巻まで魔物”使徒”との戦い。4~13巻は何故主人公ガッツが使徒と戦っているか。それ以降の巻はまた現在に戻り、新たな仲間達との冒険となっております。とにかく長い物語となっているので主人公の顔も随分変わった。

ストーリーはあまりに長いので軽く説明いたしますと、"鷹の団"と言う軍団(?)に居たガッツ、そして友人であり団長であるグリフィス。ふたりは鷹の団の中心だった。ある日、グリフィスは部下の命と引き換えに人外なる力を手に入れる。生き延びたガッツはグリフィスに復讐するために、使徒と戦いながら旅をするのだった。

この作品はなんと言っても戦闘シーンの迫力の凄さが光ってる。力技のガッツ、小技のイシドロ、スピードのセルピコなどそれぞれの戦い方がに個性があって実に面白い。

また、ガッツの心情にも注目だ。最初は誰も寄せ付けぬ態度だったが、仲間の大切さを思い出していく様が痛いくらい伝わってくる。

途中まではたったひとりで戦っていたガッツでしたが、現在は仲間も増え、仲間の大切さに気がつく。今、彼の戦いはグリフィスへの復讐から、自分の大切な場所を築く物語へと変わってきた気がします。

最近はややファンタジー色が強くなってきており(っと言ってももともとファンタジーですが)、ギャグも増えてきました。ギャグ臭も強くなり、作者は多分もう滅多に仲間は殺さないだろうね。

昔に比べるとファンはヌルく感じることがあるかもしれません。

しかし、その面白さは変わらない。殺傷シーンが大丈夫な人は是非!

5段階評価・・・5

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]