忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もやしもん(1) (イブニングKC (106))


大学で「チャラいキャンパスライフ」を送るために東京にやってきた沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)。彼は菌が見える特別な力を持っていて、それが原因でいまいち人と馴染めない一面を持っていた。

しかし、この場所は違っていた。
菌が見える力を目の当たりしても、壁を作らず接してくれる。

多くの人達との触れ合いによって彼と、その周囲の人間の成長を描く、
これは「農大で菌とウイルスとすこしばかりの人間が右往左往する物語」である。



実は連載当初は知名度は高くはなかった作品。
テーマが“菌”ですからね。男性漫画の中では地味な日常系漫画です。

ネットで話題になった作品で私の大好物でした。

しかし、いつの間にか人気漫画。
アニメ化は大好評、ドラマ化で大コケ、そんな王道を走りました。

でも原作の面白さは確かなんですよ。
日常系が好きな人は問題無いはずです。

菌の勉強も出来ますしね。

 


-名物・教授の語りは最近は減ってしまってる-
 


また、主人公・沢木が見る“菌”も可愛いのも人気を沸騰させた一員です。
そして、そんな起爆剤を一気に爆発させたのが沢木の親友である結城蛍、

原作の最初の頃に退場し、何の音沙汰も無いまま連載1年ほど姿を消しました。
その後、沢木の気になる女性が登場する。

彼女は何と女装した蛍だった。
 

 


-良くも悪くも好評となった男の娘-

 

男達は泣いた

「実は女なんだ」と


一部の男達は叫んだ

「こんな可愛い子が女の子のはずがない」


先生、ばっちりです!
いや、むしろ変態?(失礼)

現在、男の娘が大流行の中で、
その起爆材となったのは確かである。

でも、この辺りからかなぁ…発酵についての話題が希薄になっきたのは。
変わらずに人間関係のやりとりは面白いのだが、どうも主軸が変わってきてしまったのだ。

最新10巻では菌の話しなんて全く出ず、
「沢木の成長」と「異文化のギャップ」が物語の主軸となってしまっている。


これを従来のファンはどう受け取ってるのかは興味深いです。

美里と遙の恋愛話も面白いけど、結局は巧く誤魔化されて終わりだしね。

ちなみに私は当初とは全く違う視点で見てるんで今のところ問題なし。
でも“惰性で連載してる感”は感じてるんで、いずれは読まなくなる可能性もあります。


5段階評価・・・4



<<関連記事>>


・評論(ドラマ) もやしもん


--------------------------------------------------------------------------------
 

お弁当 ミニケース【オリゼー】
ムービック (2011-03-04)
売り上げランキング: 24349
 




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]