忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





著者 : 原作・虚淵玄 文・鈴家一郎  
初版 : 平成十四年 六月一日  
種類: アクション
5段階評価: 1・・・まとまってない。後半無理やりまとめてる。



 買ってから「しまった!」っと思った。読む前にこの本について調べてみたら、この話はもともとゲーム、しかもパソコンの18禁ゲームが基らしい。自分は乱読家ですが、ゲームから小説になった物で、面白かったものを読んだ事がありません。何より18禁ゲームをエロ無しで書いて大丈夫なのか?と思いました。
 
読んだ感想は、やはり「あ~、やっぱり」と言う感じでしたな。
 
なんて言うか、予想通り?

まず、主人公が記憶喪失という点ですが、ありきたりです。よくある話です。そんな話でも主人公の隠された過去や『自分が誰なのか』っと言った葛藤の表現力によって面白さが変わってきます。しかし、この本は一番最悪のケース『主人公の記憶結局戻らず。ボス倒したからなんとなくハッピーエンド』を辿ってしまってます。私はこの手のパターンが大大大嫌いなので読んだ後、違う本を読んで気持ちを切り替えました。
 
他に、ヒロインの一人『キャル』の存在が曖昧です。ゲームでは重要キャラだったようですが、ここでは別。主人公に対し好意を持ち、主人公も少なからずとも好感を持つが、しかしそれだけ。銃撃に対し、もの凄い才能を見え隠れさせますが、それだけ。後半、いきなり爆発に巻き込まれ死亡。彼女を出す意味が果たしてあったのだろうか?  

ここまで書くと悪いイメージしか残らないので救済を・・・・・・・_| ̄|○  思い浮かばない(汗)

あ、そうだ!このゲームのパッケージを見たけどなかなか面白そうでしたよ。やってみればこの本のイメージも変わるかもです。皆やってみよう!十八禁だけど・・・。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]