忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




主な主演: 
稲垣吾郎、村上知子、蛯原友里、大森南朋、MEGUMI、忍成修吾、井川遥、相島一之


放映期間: 2006年4月11日~6月27日
ジャンル: 恋愛
主題歌: 恋のつぼみ(倖田來未)
5段階評価: 3・・・良作だが、色んな意味でしつこかった



 山口おさむ(稲垣吾郎)は数多くのバラエティ番組を抱える超売れっ子作家。「むちゃデス!」の企画会議で若手構成作家の松本(忍成修吾)が“ブスを使ったオモシロ企画”を提案する。一方、女優志望の太田美幸(村上知子)は「どすこいラーメン」でバイトしながら俳優を目指していた。

しかし彼女はいわゆる“ブス”だったのだ。そんなある日、所属事務所「テアトル・ワールド」の社長・井之頭(佐藤二朗)から「むちゃデス!」のオーディションを勧められる。そのきっかけはおさむと美幸を引き寄せた。

「天使が舞い降りた・・・」

それは、おさむが彼女に惹かれる少し前の出来事だった。

稲垣吾郎主演の作品をじっくり見たのは初めてである。放送前からかなりの注目を浴びていた作品であり、期待通りであった。村上の演技も普段コントをしているだけにうまい!脱帽である。蛯原の演技も及第点・・・っと言っても実はさほど表情を必要とする演技はなかったりする(爆)

それぞれの人物も実に立っていたと思う。自分勝手でそれ故に女性を多く傷つけてしまうおさむ、しかしその仕事への一途さに惹かれた美幸。人を自然に笑わせてしまい、笑われる事にコンプレックスをいだく美幸、そのセンスに惹かれるおさむ。

他にも美幸の父親など共感しまくりでウルっとさせてくれる部分が多かった。あ、おさむの母親にはちょっと共感出来なかったかな。

問題を挙げるなら全てにおいてちょっとしつこかったかなー?美幸が自分をブスブス責める所や、バイトの同僚の中途半端な片思い描写、いちいち村上を可愛く見せようとする挿入画面(天使の姿、上目遣いの姿など)、ライバルの蛯原の退場と思ったら登場(お前結局どうしたいやねん!)などなど。

ドラマ外だと色んな番組にゲストで出て宣伝するんでうんざりだった。少なくとも私がよく見てる番組のほぼ全ての番組にゲストで出てた。かけてる気持ちは分かるが、しつこ過ぎる感はある。

面白い事は面白いのだが、ゲストで倖田來未を意味も無く無理やり出演させるなど必死さが見え隠れしてしまい、どこか安心して見る事が出来なかったのは残念。まあ、ハズレではないんですけどね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]