忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




主な主演: 
成海璃子、生田斗真(ジャニーズJr.)、原田夏希、向井理、成宮寛貴、滝沢沙織、木村祐一、柏原崇、村上淳、瀬戸朝香


放映期間: 2008年1月8日~3月18日
ジャンル: 恋愛
主題歌: キャンバス(平井堅)
5段階評価: 1・・・制作者は原作を読んでないでしょう



漫画は絶好調。映画は期待はずれ。そんな作品がドラマ化です。

シナリオは、その内に原作を紹介しますので、その時にでも…。

さて、メインキャストですが今回は・・・ややいただけないが・・まあ、許す。でもひとりひとりの立ち位置がおかしい。 竹本はもっとオドオドするべき。どこか臆病で、でも格好付けようと背伸びしてるのが竹本なのだ。

この竹本はどこかおかしい・・。
 
真山も、もっとおとなしく大人なはずだ。馬鹿騒ぎをしている森田と竹本を、どこか一歩下がって見ている。大人ぶってるけど、でも結局まだまだ子供。それが真山なのだ。こんな森田と一緒に竹本を巻き込んで騒がない。

森田の天才さも出ていない彼はもっと奇抜な行動を取って我が道を行く。そこに彼の凄さが出ているのだ。最初にはぐを見た森田が「コロポックルだーー!!」と騒がないのは何故だろうか?「お前凄いよ・・・」とおもわずはぐを抱きしめるほど芸術を愛してたっけ?
 
はぐは見た目の幼さを出す事だけ考えてないだろうか?雰囲気、声、ほとんどありえないくらい幼すぎて子供に見えてしまう。何か違う・・・。
 
一番酷いのが修ちゃん。ほとんどヤクザヒゲボーボー過ぎ。確かに不精な所はあるのだが、こっちは何か小汚いおじさん。彼が作中のはぐと結ばれるのはもう犯罪である。 まあぶっちゃけ全キャストが駄目駄目だったな。

大体 「初めて人が恋に落ちる瞬間を見た」って名シーンも無し?ふざけるな!! 原作の良い所を潰してどうするんだ馬鹿!! 原作では皆で海に行ってない。これが重要な意味を持つはずなのにあっさり無視。行くんかい!!

それに森田は自分の作品を売ったりはしない!! 森田が「山田あゆ」「山田あゆ」ってフルネームで呼ぶのに違和感ありすぎ! 「はぐみ」ってなんだよ!「はぐちゃん」だろ!!

ローマイヤ先輩や山田の父親とかも、たまに出るから味がある人物をしつこく出してどうする!監督!ちょっと原作読んで確認してみろ!ローマイヤ先輩はメイン人物じゃないだぞ!!しかもギャグキャラとしても寒い!寒すぎる!! 原作レイプだ。

第1話で惹き付けたかったのだろうか?人物を全員出してしまっている。映画と違って時間は十分あるのに、どこか急いでる感じがしてしまう。美和子も野宮も山崎もミカも何もかも第1話で出しすぎだ。

やっぱ、こう“ほのぼの”と“高いテンションなギャグ”が売りの漫画は実写が出来ないよ・・(のだめはある意味神)。ああ、また好きな作品に汚名が付いてしまった(号泣)

元々オリジナルを強くした作品とのことですが、こうなるとちょっと違うんじゃないかと思う。偉そうなことを言ってしまうが、これはハチクロと言う名の全く違う作品と思った方が良さそうです。




<<関連記事>>

・ 評論(漫画) ハチミツとクローバー
・ 評論(映画) ハチミツとクローバー

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]