忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




主な主演: 
香取慎吾、内村光良、伊藤淳史、深津絵里、水川あさみ、大倉孝二

放映期間 : 2006年1月9日~3月20日
ジャンル : 冒険
主題歌  : Around The World(MONKEY MAJIK)
5段階評価::   2・・・何がしたいんだ(汗)


  ストーリーはさすがに皆さん知ってのとおり、三蔵法師一行が天竺を目指す物語。この作品においては毎回何かしらのテーマと共にゲストキャラが敵役となって物語を作っている。

しかし、出てくるゲストはあくまで妖怪の類なのでおかしなコスプレと化してしまってるのは痛い所。また敵役に限らず登場人物全員の服装が真新しい感じなので“旅をしている”と言ったリアル感は弱かったりする。

そしてこの作品の肝心な部分である戦闘シーンも問題だ。何せ普段アクションシーンを好んでる内村光良はともかく他の主人公達のアクションは素人レベルだ。もう見てるのが痛くて痛くてたまらなかった。だって敵が合わせて動いてるの見え見えだもんな。今時の5レンジャーヒロー物に比べるとどうしても見劣りしてしまう。

話の進め方も中だるみしてしまう感じでマイナス点。特に最終回は回想シーンがやたら多くて15分拡大する意味も無し。それに月9で1クールである作品で総集編をやる勇気は誉められた物では無い。

ただ台詞は結構熱いものがあり心に響く場面が多々あった。これは何時も単純な思考回路の持ち主である悟空だからこそ純粋な言葉として胸に響くんですよね。まあ、ただ仲間をいちいちナマカナマカって五月蝿かったけど、ああそうか・・流行らそうとしてたんだねぇ。

最終回も本当に酷くて展開はバクトゥーザ・フューチャー。「お釈迦様が何者かにさらわれて、お経の力が弱くなってるのです」の一言によりまた旅に出るのだった。お釈迦様がさらわれる事自体がピンときませんが、つまりこういう事ですね。


俺たちの旅はまだ始まったばかりだ!(完)


え~・・・・・なんだこれ(汗)?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]