忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





機種: PC・PSP
製作: key
ジャンル: AVG/人生ドラマ
5段階評価: 3・・・納得できん(汗)



keyの前作品のひとつ、CLANNADのキャラの一人、智代とのアフターストーリー。

今作ではストーリーは大きく2つに分かれる。まずはともと母親との繋がりを経て、朋也とその周りの人間の成長。そこに智代の『永遠に続く愛はある』『何があっても私は乗り越えてみせる』の決意が示されます。そしてふたつめはその実行。いきなり場面は変わって病院内。何と朋也が記憶喪失になってしまっている。しかも月日は3年も過ぎ去っていっているのだった。

最初に、はっきりと言ってしまうとこんな話を読みたくてアフターをプレイしたわけではない!!っと思ってしまった。前作でハッピーエンドを迎えた二人が今回のアフターで悲しい結末を迎えてしまうのはいかがなものか?

”It's a Wonderful Life(人生とはかくも素晴らしい)”が今回の作品の大きな意味らしい。この言葉を智代が口にする事で、彼女が人生においてとても満足の行く生き方をしている事が見受けられる。しかし、いちプレイヤーとしてはあまりにも悲しすぎて憂鬱になってしまった。朋也の手術がまさか見事に失敗するとは思わなかったよ・・・OPやEDの歌詞で「一人になっても―――」って部分があるから怪しいとは思ったんだよな~ああ、憂鬱だぁぁ~

しかし、悪い所だけではないのも確か。笑いの部分も決して衰えてませんし、泣ける所は泣ける!鷹文と河南子のストーリはかなり泣けました。トモと母親の絆にも泣けた。つまりここで終わっておけば自分的にオーケーだったかな?もしくは朋也が倒れた描写が欲しかったし、なによりその現場の智代、鷹文、河南子の『表情』が気になって仕方ない。ほとんどが説明のみで終わってるのには物足りなさを感じる。

ボイスは全くの問題なし。智代もイメージを崩さない。鷹文と河南子も同じ声優さんが声を担当しているとは思えない位素晴らしい。ただ、プラスの面がはたしてあったかどうかは微妙。ボイスが付いた結果、音楽が弱くなったのは事実。前作までのボイスなしでも十分感動したし感情移入も出来たのなら、ボイスは結果としていらなかったのではないだろうか?

OPとEDは、かの折戸氏がAir以来久しぶりに手掛けたと言う素晴らしい出来栄え。ただ、音楽はいたって普通でした。折戸氏が曰く「今作はボイスが入ると言う事で、少し大人しめにしました」っと語った様に印象に残る様な音楽はありませんでしたね。悪くはないんだけどね。Kanon、Air、CLANNAD、どの作品にも劣るなー(汗)

総評とすると、Keyだからって事で甘く見ている部分も多く、ひとつの作品としてはかなりの厳しさになってしまいます。この作品をプレイしてしまうと『朋也の幸せな道はやっぱり渚としかないのか?』とどうしても考えてしまうじゃないですか。あからさま分かりやすいハッピーエンドを嫌がる人もいますが、やっぱり私は最後は笑顔で終わる作品が好きなのですよ。

あ、ちなみに

エロシーンはあってもなくても別にいいやって最初は思ってましたが最後の方ではもうイヤッホー♪(最悪だ)





<<関連記事>>

・ 評論(ゲーム)   Kanon
・ 評論(ゲーム) CLANNAD その1
・ 評論(ゲーム) CLANNAD その2
・ 評論(ゲーム) CLANNAD AFTER STORY

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]