忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




機種: PS2
製作: コナミ
ジャンル: 3Dアクション
5段階評価: 3・・・雷電じゃ満足できないな~



 本作のストーリーは2部構成からなっている。まずは前作で活躍したFOXHOUND隊員のソリッド・スネークが、新型メタルギアに関する情報を耳にし、偽装タンカーへ単身乗り込んでいくタンカー編。そしてタンカー編の2年後という設定で武装グループが大統領を人質にとって占拠した巨大プラントに乗り込む新生FOXHOUND隊員・雷電を主人公としたプラント編である。

今作の主なストーリーはスネークではなく、雷電が主人公で物語進む。それがどうにも味気ないんだよな。メイ・リンの代わりのローザも何だか普通のどこにでもいる粘着女なのがつまらない。つまり今回の登場人物はどこか薄いのだ。ギャグ部分はほとんどスネークとオタコンの役目でもあり、どこか雷電が脇役の様な錯覚すらあります。

っと、言うのもこの作品において雷電の位置づけは、あくまで『強がっちゃってるけどまだまだ半人前のウジウジ君』なのだ。彼がこの作戦(物語)を通してどう強くなっていくか?これがこの作品の大きな目的のひとつなのだろう。実際、彼はスネークと出会う事で大きく成長していっている。それはとても面白い所である。

CGも進化しており、この作品特有の”格好良さ”はますます健在である。物語事態も実に奥深くなっており、前作でオセロットの台詞に「?」だった人も納得の出来る内容になっています。

だがこの作品において、この奥深さによって最後が非常に曖昧になってしまっているのは残念な所。

『大佐は架空のもので俺の脳にしか居なかった。ローザすらも。じゃあ誰を信じたらいい!このミッション事態も脳が与えた架空の物なのか。そして、ラスボスを倒した・・・。あ、ローザが現われた。今度は本当の俺を見て欲しい。そして本当の君を見る。』

これが何だか納得出来なかったんですよね(汗)

結局雷電はどの辺りから偽者の大佐と出会って騙されていたのだろう。ミッションの最初からローザは居なかったのか。ではラストで会話のツジツマが合っていたのは何故だろう?疑問が残ってしまう。

他にもやけにムービーシーンが多く、長いときには10分以上はただ画面を見るだけの状態が続くのは痛い。ムービーは格好良いから飽きは無いのだが、時間が無かった時は困ってしまうし、何より緊迫感が薄れてしまうのだ。

全体を通せば、それぐらいは補う物はありますが、やっぱりそれはスネークとオタコンが登場するタンカー編があってこそ。物語全てが雷電だったら評価は”2”まで下がってしまうかもしれん。



<<関連記事>>

・ 評論(ゲーム) メタルギアソリッド


-----------------------------------------------------------------------


メタルギア ソリッド ピースウォーカー アクセサリーセット for PSP
ホリ (2010-04-29)
売り上げランキング: 9569
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]