忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




機種: PS2
製作: ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル: やるドラ/サスペンス
5段階評価: 2・・・キャラに魅力がありません



 主人公は北沢沙紀というスクープカメラマン。ある日、彼女は世界的ミュージシャンを追ってパーティーに参加(?)し、スキャンダル写真を狙っていた。そして成功。しかし、その写真にはスキャンダル以上の、彼女の命が狙われるほどのものが・・・。

今作で初めてPS2でのやるどら作品!

前4作はあれだけ騒がれたにも関わらず、4作総売り上げは50万枚程だったとか。しかし!そんな暗雲を断ち切ってついに発売!エンディングの種類は全部で35だ!・・・でもほとんどがバットエンドである。

あー、うん楽しめたと思う。PS2に移った事でとにかくよく動くし喋る!しかし、キャラや音楽。そしてストーリー。どれを取っても前作達に劣って見えるのは何故だろう?

例えば、どんなにつまらなくてもキャラに魅力があればいいのだが、主人公をはじめ登場人物に魅力が無いのだ。せめてダブルキャストの二村の様に“裏”があると深みを増すんだが、この作品だと味方?敵?っで結局味方だもんね。

ストーリーは良い意味で分かりやすく、悪い意味で非常に展開が読みやすいです。主人公が何故自分達が追われているのか疑問に思っているのかがじれったくて仕方なかった。主人公がパートナー役と恋人になる過程も唐突過ぎやしないだろうか?

1番の問題は、正規のルートを進むにはいくつかのバットエンドを見ないといけないことだろう。

いくらスキップ機能が付いているとはいえ、やはりストレスが溜まってしまう。

やるどらとは、やはり“見る”感覚が強い作品。ストーリーや機能にストレスを感じさせては問題である。




<<関連記事>>

・ 評論(ゲーム) ダブルキャスト

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]