忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 1997年度作品/アメリカ映画
ジャンル: コメディ
5段階評価: 2・・・『ジムキャリーの映画』って感じ



 フレッチャーは1流の弁護士だった。まさに無敗を誇る程の腕なのだが、それはひとえに“嘘がうまい”と言う特技の賜物なのだ。しかし、それはプライベートも一緒で、周りにはお世辞や嘘でしか会話をしなく、そして息子との約束事すらも嘘を付いてしまう。息子は願った。「一日だけ嘘のつけない父親になって欲しい」と。かくして願いが叶ったその日から、フレッチャーは地獄の様な日々送り、大切な何かを見つけることになる。

少しのCGも使わず、アクションシーンも無しの、まさにコメディーファミリードラマ。急に嘘を付けなくなったってことだけでは数ある映画作品の中におにては結構地味な方だろう。そして、それを補うのが役者の演技と言っていい。そしてジムキャリーである。

彼の特技は何と言っても表情豊かな顔演技。それが十分に発揮されてる。っと言うかむしろ彼にしか出来ない役柄である。さらに言えば彼の為に用意された作品と言っても過言ではない。

だれかれ構わず本心で語ってしまう驚きとその表情が実にうまい。しかししかし、この映画を見てしばらく経った今。思い出すのはジム・キャリーのリアクションのみ。他の役者さんの顔すら思いだせん。クライマックスのほんのりと淡い感動は好きだった様な気もする(冷汗)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]