忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作:2004年度作品/アメリカ映画
ジャンル: スペクタクル
5段階評価: 3・・・無難


 二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化が深刻化する中、古代気候学者のジャック・ホールは、自らの研究結果をもとに大規模な気候変動を予測し、学会で注意を呼びかける。それから数ヵ月後、世界各地が前例のない異常気象に見舞われる。巨大ハリケーンがLAを襲い、大津波がマンハッタンを呑み込む。ジャックの仮説が予想外の早さで現実となったのだ。ジャックは人々を南に避難させるよう合衆国副大統領に進言するが、政府は事態の深刻さを理解しない。やがて気温が急激に下降し始め、北半球は氷河期に突入してゆく。 そんな中、ジャックは取り残された息子サムを助けるためにNYへ仲間と共に向かうのだった・・。

CGが違和感無く恐怖感を与えてくれ、エンターテイメントとしては1級品だろう。ストーリはありきたり、それをこの作品に求めてはいけない気がします。所詮パニック映画なのだからストーリーを求めては無粋なのかもしれない。つまり映像を楽しむ映画だなっという気がします。迫力はあります。ただ見方を変えれば『ただ単に様々な環境パニック映画をくっつけただけ』なのかもしれません。
 
次々と災害が起こるのは良いのだが結局は氷河期との戦いのみだったのは残念な所。途中ある狼に襲われる場面などは最悪で、この手の映画ではテーマに沿ってない緊張感である。

最後もあっけない。特に人間が頑張って解決したわけでは無いからである。『何故人類が助かる事が出来たのか?』疑問が残る。 後、いくら何でも父親が助けに行く必要性は欲しかった。別に行かなくても良かったわけで・・・死んでしまった仲間が可哀相で仕方なかった(涙)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]