忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作:2006年度作品/アメリカ映画
ジャンル: ホラーアドベンチャー
5段階評価: 1・・・ゲームを知ってる人用


 最愛の娘シャロンは夢遊病に悩まされている。しかもそれだけでなく、本人の意志と関係無く不気味な絵を描いている。本人はそれを覚えていないのだ。母親であるローズはその謎を解くために夫には内緒でシャロンと街に出掛けるのだった。シャロンが無意識に口にする街、サイレントヒルへ・・。

どの方の感想も総じて「ゲームをうまく再現できている!」である。そう、つまりゲームをしていないとチンプンカンプンなのだ。もう最初から最後まで置いてけぼり。最後も不思議な感じで終わるのだが、ゲームをプレイしている方は分かるみたいですねー。私は未プレイなので何が何やら(汗)

クリーチャーに関しても「うまく再現できてる!」のようだ。だが、私はやっぱり未プレイなので感想としましては「グロくも無く、脅威を感じるわけも無い、しいて挙げるなら・・・格好良くはないな」って程度である。

また、全体的に怖いってよりも辛いシーンが多く、何の罪も無い子供や婦警が殺される様は後味がとても悪かった。ひとりの婦警に2度も残酷なシーンを与えるのは登場人物が少なかったなのだろうか?世界の恐怖を魅せるための演出として人が足りなかったから死んだと思った婦警を2度も痛い目に合わせたのだろうか?とにかく見ていて辛く、思わず目を伏せてしまう。こう考えるとやっぱりホラーって部類には入らないのかな・・・ミステリー?

とにもかくにも説明不足なこの作品。火傷でベッドに横たわるアレッサ。紫の服を着たアレッサ。アレッサの分身であるシャロン。この3人の関係がいまいち理解できん。同一人物?死神?なんなんだ・・・。

つか、アレッサの母親途中で死ななかったか?なんでひょっこり出てくる?

全てを『呪い』の一言で済ますには理解に苦しむ。サイレンで突然気味の悪い世界に変わってしまう理由も不明。クリーチャーって結局なんなのか?何で教会にはクリーチャーは入って来れないのか?入って来れないくせに入ったら攻撃できるってなんやねん。そしてラストの展開・・・もう本当にいい加減にしてくれ。

この映画を絶賛する人もいるみたいですけど、ゲームをプレイしないと感銘を受けない作品ってどうかと思いますよ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]