忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





製作: 2003年度作品/日本映画
ジャンル: 歴史ロマン
5段階評価: 4・・・まっすぐに泣ける生き方がある


 新撰組、吉村貫一郎の人生ドラマです。名誉を重んじ、死を恐れない武士の世界で、貫一郎は家族のために生きたいと願い、戦う。貫一郎にとっては名誉はいらず、彼の中の義、「人としての愛」が彼を強くする。

素晴らしい映画です。俳優も豪華ですし、皆巧し!そして久石嬢さんの音楽もこの映画の演出を引き立てます。自分は今まで日本の歴史物映画は避けていたのですが、これからは見たいと思います。

この映画の良い所は主人公貫一郎を別の誰かが、第三者の視点で見ている点ですかね。時には斉藤一、時には大野千秋。皆、貫一郎をどう見ていたのか分かり面白かったですね。最後は少し悲しめな終わり方ですが、泣けます。かなりグッときます。見た後ボ~っとしてしまった映画です。

戦いのシーンも迫力あって良かったです。これを見て新撰組が好きになりそうですね。またひとつ趣味が増えそうです。ちなみに吉村貫一郎はこの作品でのイメージが強くなってますが、そのほんとんどが創作なのであしからず・・・。享年29歳。



<<関連記事>>

・ 評論(書籍) 真説 新選組
・ 評論(書籍) 上意討ち

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]