忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 2006年度作品/日本映画
興行収入 : 5.2億円
ジャンル  : 青春/恋愛
5段階評価: 1・・・期待した自分が悪いんです。酷過ぎ!



 ストーリーは美大に通う5人の片思いの物語。まあ、見る人は原作を知ってる人だろうし割合させてもらう。んで、問題の全体のストーリーは・・・酷すぎだった。盛り上がらない。何時までも一定のテンションだから途中で眠くなってしまうだろう。美大としての雰囲気は出てて味があるのだが・・・いかんせん、完結していない作品の映画化だ、何とも中途半端な終わり方をしてしまう。

そもそも設定が中途半端に同じでオリジナル部分が違和感まるだしで出来上がってるものだから驚きだ。「え?この台詞をここで?」「あれ、真山のこの台詞って山田の居る前で言っちゃうの?」など、どこか急いでる感じがする。でも単調・・・う~む(失笑)

あくまで売りは5人の人間模様なのだが非常に中途半端。竹本が主人公なのに視聴者からすればあやうく森田が主人公っと錯覚しかねない。特に思ったのが美大だけに作品を作る場面が多かったのだが、ある意味鬱陶しいくらい作品をつくる描写を表現してた。いや、本当に挿入歌とともに何度絵を描く姿を見せられたか・・・そしてそれなのに当の竹本だけ作品に携わる場面が無かった(汗)。ゆえに印象に残りにくい。楽しそうに作品を作る森田やはぐの姿が印象深いのでなおさらである。

さて、せっかく原作が大元になってるし各人物の感想を言わせていただきます。


花本はぐ(役蒼井優)
このキャスティングには満足!もう可愛くて可愛くて仕方なかった。はぐ役にはこの人しか居なかったでしょう。笑顔がとても可愛らしかったのだが作中なんども見せられるので少し見飽きてしまう。もっと小出し小出しにして彼女の笑顔は“とっておき”にしたほうがありがたいものになったと思う。後半の展開はもはや森田とくっつくしかない様な展開だったな~。実は映画では真山との会話は無かったりする。


竹本裕太(櫻井翔)
違和感無し!問題は中盤の影の薄さ。最大の山場である一人旅はほんの一晩で終わってるのであっさりしすぎ。原作ではこの一人旅は竹本にとって大きな人生の山場だっただけに短縮してはいけなかった所だと思うのだが・・・(汗)原作では不器用だった彼も映画の中ではただの弱虫に見えてしまった。


森田忍(伊勢谷友介)
1番原作と遠い存在。原作ではおちゃめで生活に無頓着で我が道を行く天才型。ちなみに彫刻家ではない。アゴピンがあった時点で「原作の森田と違うんだろうな~」っと思っていたがその通り。服装はマメに変わるし体格も良く、皆からはまるで神様扱い。例えるなら「やさぐれたヤンキー兄ちゃん」

楽しそうにはぐと絵を描いたり、はぐと作品のことで共感しあったりで何でこれで二人は付き合わないのか不思議でならなかった。後、いくら自分の作品を燃やすにしても室内でガソリン撒いて燃やすのはどうかと思うよ?


真山巧(加瀬亮)
ただの暗いストーカー男でした。


山田あゆみ(関めぐみ)
何で子供に絵を教えているのかとても不思議でした。陶芸家なのにな・・・。配役はあってると思う。ただ、彼女までストーカーっていうオリジナル設定は不要ではなかろうか?漫画のように鉄人らしさは見られなく、ただの粘着女になっていたのは非常に残念。ちなみに原作で4葉のクローバーを探すシーンは随分と変更されて、彼女と竹本と何故か子供達も探してました。重要なシーンだと思うんだけどな~。


他にも花本修司が思ったより老けていたのが気になりました。クライマックスで森田がはぐを連れてどっか行くのを見てるのに何とも思わない修ちゃんなんて修ちゃんじゃないや(失笑)宮大工の登場に意味も無いだろう。

音楽は良かったが少なすぎ。その割には挿入歌が5,6曲あり、すこし多すぎた。主題化がスピッツでエンディングが嵐っと言っていたが結局2つともエンディングで流していた。どうしてこんなに歌が流れるんだろう、この作品は・・・。

とにかく青春をうたった作品なんだから絵を描くシーンを減らしてもっと人間模様を描いて欲しかった!原作のように笑いは難しいのは分かる。そこを無理やりチャレンジするのではなく、台詞も無理やり挿入するのではなく、全くのオリジナルストーリー(アナザーストーリー)でも良かったのだ。次作品が出るなら是非チャレンジしてもらいたい。



<<関連記事>>

・ 評論(ドラマ) ハチミツとクローバー
・ 評論(漫画)  ハチミツとクローバー

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そんな山田さんは山田さんではない(><)
ローマイヤ先輩は!?ローマイヤ先輩はいないの!?・・・・ま、いるわけないですよね。

ハチミツとクローバーはもきゅもきゅしてのた打ち回りながら悶え死にそうになるくらい甘酸っぱいのがいいのに、そういうのもないんですか?
いや、映画の時間でまとめようというのがそもそもの間違い・・・。

漫画の方しか知らないんですけど、そのままでよさそうですね。
Posted by キリイ URL 2011.06.03 Fri 21:37 編集
アニメが一番好きでした
アニメが好評だからって実写化は安直ですよね…。

映画はやっぱり時間が足りてないイメージでしたよ。詰め込み詰め込み、じっくりゆっくり進む群像劇を味わえませんでした。

これ当時、映画館まで行って見たんですよね(汗)
あらためてCMって凄いって実感しました…。
Posted by 管理人@惇兄 2011.06.03 Fri 23:12 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]