忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作: 2003年度作品/日本映画
興行収入: 28.5億円
ジャンル: 時代劇
5段階評価: 5・・・戦闘シーンは迫力満点♪



 ヤクザの銀蔵一家が取り仕切る宿場町に、三組の旅人がやってきた。一人は金髪で朱塗りの仕込み杖を持った盲目の居合いの達人・座頭市。もう一組は浪人の服部源之助とその妻・おしの。そしてもう一組は旅芸者のおきぬとおせい。訳ありの三者はやがて巡りあう。やがて、問答無用の闘いが幕を開ける・・・。

北野武監督第11作目となる本作。第60回ベネチア国際映画祭では、監督賞を受賞た事でも有名ですね。知っていると思いますが、この映画は以前、勝新太郎主演の「座頭市」をリメイクしたものです。しかし、私は勝新太郎さんの方を見て無いのでそこら辺よろしく。ちなみに北野武監督の作品を見たのも今回が初めてなので、今までの作品との比較も出来ないのでよろしく(涙)。

冒頭から殺陣シーンなのですが、これが迫力満点!

北野さんも浅野さんも凄いですね~。この映画は人を斬る音にとても重圧感が感じられますね。なので、この映画の特徴として、人との戦いは一瞬で終わるのですが、とても迫力があり見応え抜群です。

そして、賛否両論なガダルカナル・タカさん。彼のお笑いシーンは『やりすぎ』っと言う意見が飛び交ってますが、自分はかなり笑いました。この位がちょうど良いと思いますがどうなんでしょうね~(汗)この映画にほどよくマッチしてると思うのですがね~。

とにかく派手な映画だなっと思いました。殺陣シーン、ラストのダンスシーンも見ていて飽きず、あっと言う間に終わったって感じですね。北野武監督ファンの方もそうで無い方もきっと楽しめるでしょう!まだ見て無い方、是非是非!!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]