忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 135312
 


 ごく普通の女子高生・鹿島翔香。彼女は昨日(月曜日)記憶が無いことに気付いた。その謎に頭を悩ませていたところ、自分の日記に辿り着く。そこにはこう書かれていた

「あなたは今、混乱している。・・・若松くんに相談しなさい。最初は冷たい人だと思うかもしれないけど、彼は頼りになる人だから。」

学内でもかなりの優秀の彼だが、人を寄せ付けない雰囲気の彼とはほとんど会話をした事が無かった。どうして彼に?しかし、この文字は確かに自分・・・。しかし、すがる人は彼しかいない。意を決して話しかけた時、彼女の長い一週間のタイムトラベルのパズルが始まる。



はっきり言って、こんなにワクワクして読んだ小説が本当に久しぶりだった!ただのタイムトラベルではないのだ。ランダムに訪れるタイムトラベル。1週間の曜日がバラバラなのだ。これだけでも実に斬新で新しい。

本当に精密に組み込まれているので書いた方が本当に頭がきれると実感出来る。途中意味不明だった箇所が後半になればなるほどバッチリはまるものだから上下巻と言えども絶対に2冊とも一気に読破してしまうでしょう。しかし、読み終わった後はなんと爽快なことか!

とにかく会話が多いのがこの作品の特徴だが、これは実に上級なレベルに達しており、むしろ「足りねーよ!」と叫ぶ程(笑)

まあ、ひとつだけ欠点を挙げるなら文章がちょっと古いってとこでしょうか?ヒロインが「心配したんだからぁ」と若松君をポカポカしている最中に第3者が「ここに一人いる事を、忘れちゃいませんか?」と割って入る場面はまるで1997年の作品ですな(1997年の作品です)。

気になるのはその1点だけ。それも凄く些細な事で完成度の高さはかなりの高水準。1度読みでワクワクを、2度読みでニヤニヤ。何とお得な作品!読むべし!



<<関連記事>>


・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-01
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-02
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 01-03
・ 評論(書籍) Hyper Hybrid Organization 00-01

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]