忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




製作:2005年度作品/アメリカ映画
ジャンル: アクション/SF
5段階評価: 2・・・臨場感だけかな?



 H・G・ウェルズが1898年に発表した小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。港湾労働者のレイ(トム・クルーズ)が住むアメリカ東部の街でも奇怪な雲が立ちこめ、以上気象が発生する。そして稲妻が落ちた場所に巨大なロボットが現われる。無差別に殺戮を始めるそのロボットこそ、異星人の襲来だったのだ。

うーん、評価が難しい!最初の臨場感はバッチリなのだ。しかし、最後の方が結構だれる。一番の問題は死んだと思ってたレイの息子が最後にひょっこり現われる事。生きていた事事態不思議だが、なにより息子は死ぬ覚悟で敵につっこんでいたはず。これではその場面を全否定してしまっている。

そして、結局レイは最後まで頑固な五月蝿いヒテリック親父だった様な気がする。生命力だけは高そうだがね。オープニングの臨場感は本気で凄かったので最後の決着もなぁ~。

まあ、これは原作でもそうですし仕方のない事ですがね。

普段、こんな感じの映画は見慣れている人にとっては頑張って見る程ではないでしょう。
そうでないなら見る価値はあります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
「宇宙戦争」
スティーヴン・スピルバーグ監督が撮ったSF映画「宇宙戦争」(2005年、米国)。この映画は、単にSFの領域にとどまらず、観客に対して様々なメッセージを投げかけている。物語は米国東部に住む労働者階級のトム・クルーズが、仕事の帰りに天空の異変に気づく。それは稲光のようなものが地上に達し、大地が揺れ、亀裂が走る。事態は拡大化し、トムの町の住民らはパニック状態に陥る。
From "シネマ・ワンダーランド" URL 2010.12.23 Thu 13:22
宇宙戦争
宇宙戦争 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンス 2005年アメリカ 湾岸労働者のレイは、別れた妻の休暇に、息子のロビーと娘のレイ
From "<花>の本と映画の感想" URL 2010.12.23 Thu 21:59
宇宙戦争
H・G・ウェルズの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSF超大作。その他キャストはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー他。 <あらすじ> アメリカのある町である日のこと、突然、稲光が何度も地上にまで達するという異変が起きていた。レイ(トム・クルーズ)は、黙って外出した息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)を探しにいくため、娘のレイチェル(ダコタ・ファニング)に留守番をするよういいつける……。(シネマトゥデイ) ...
From "Yuhiの読書日記+α" URL 2010.12.23 Thu 22:05
宇宙戦争
まぁこれはこれでいいんじゃないでしょうか。(笑) というのが一番最初の感想です。 下知識なしに見たせいもあってか、ハリウッドが作るバリバリのSFで、アメリカ万歳で、人類 ...
From "しーの映画たわごと" URL 2010.12.24 Fri 09:55
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]