忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




主な主演: 
観月ありさ、ゴリ(ガレッジセール)、永井大、滝沢沙織 、小池徹平、井上和香、国分佐智子、東幹久


放映期間: 2005年10月11日~12月20日
ジャンル: コメディ
主題歌: Oh My Darlin'(中ノ森BAND)
5段階評価: 1・・・本当にただの鬼嫁日記



あの有名ブログがついにドラマ化!

文房具メーカーに勤める山崎一馬(ゴリ)は毎日悩まされていた。それは仕事ではなく、家庭内。しかも範囲を狭めると妻である山崎早苗(観月ありさ)に悩まされているのだ。彼女は我がままで自分勝手ないわるゆ『鬼嫁』。新しく引っ越してきたこの町で、一馬は町の住民を巻き込みながらも日々たくましく、涙ぐましい毎日を送るのだった。

以前放映された『アットホームダット』と同じ舞台であることでも注目されましたね。俳優たちも大分そろえたみたいですけど、主役級の方々とはスケジュールや裏番組の関係で共演は実現しませんでした。これが実現できたってだけでもかなりの評価にはなっただろうに・・・。

全体を通してただただ早苗の我がまま話。そう、鬼嫁って言うよりもただの我がままなのだ。全編に渡ってそれが前面に押し出され、また妻の我がままから始まった問題も夫の方が悪い、という展開に無理矢理持っていってんのがシラケる。そして説得力の無さ。何故か逆らえない夫。とにかく見ていて終始イライラしてしまった。

とにかく引越しの準備ほったらかしてエステ行って無駄金使ったり、夫のへそくり没収したり、メロン食わせてやらなかったりしてんのに。なのに平等とか言って夫を差別する嫁。この一家に温かみが少しも感じる事が出来なかった。 鬼っつーか人間的に腐ってるだけ。なんか・・ただひたすら酷いって言うか惨い

人間関係にも疑問。徹平が何だか無意味に出すぎじゃないか?今女性にもっとも支持されてる俳優の一人なのだが、夫婦の人間関係で一番遠い彼が事あるごとに早苗と遭遇し、家にお邪魔しているのが納得出来なかった。周囲の人間関係も先の展開が読みやすい関係だし、もう少し捻られなかったのだろうか?

最終回こそほんのり感動しますが、今までが今までだけに「どうせ結局は自分の利益なんだろ?ははあーん。」っと冷めた感じ。もう少し鬼嫁度を抑えて、さらにシナリオを重視できたらな・・・って感じです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]