忍者ブログ
11/9  web拍手の返信を頑張ってます…更新はしてるよ?(震え声)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





製作: 2003年度作品/アメリカ映画
ジャンル: アクション
5段階評価: 5・・・侍魂ここにあり!


 時は明治時代、南北戦争の英雄オールグレン(トム・クルーズ)は日本にて侍の討伐を命じられる。しかし、オールグレンはサムライに囚われる。そこでオールグレンは勝元 盛次(渡辺 謙)に出会い、”武士道”を知る事になる・・・。 

良く出来た映画です。日本の侍映画は大抵暗闇の中の戦いって感じですが、ハリウッド映画によってとても綺麗な映画に仕上がってます。映画館で見たのですが、最後の方なんかは泣いてる声があちこちで聞こえましたよ。

いや~、日本人に生まれて良かったっと思える映画ですね。最後まで銃を使わず、戦い死んでゆく侍に物凄く憧れます・・・。見所はもちろんラストの戦闘シーンですね。それは実際に見て感じてもらいたいです。後、オールグレンの日本人達との心の交流も良い感じです。キスシーンもグー、ハリウッドみたいな濃厚なキスではなく軽いキスがまた日本風味ですね。スタッフロールまで最後まで見てしまったよ。しかも自分だけではない。何人もそんな人が居た。日本の侍映画もこれに見習って欲しいものです。 

拍手[0回]

PR




製作: 1996年度作品/アメリカ映画
ジャンル: コメディー
5段階評価: 4・・・派手好みの人は駄目かも・・・。


 ディズニー期待の映画。かの有名な101匹わんちゃんの実写版です。これも賛否両論な映画ですね~。自分は結構好きなんですが、中にはだれる・眠くなるなど批判もあるようです。

さて、映画の大まかなストーリーは、犬がさらわれて動物達が協力してそれを助けると・・・。まあ、全体的にほのぼのな感じなので確かにアクション好きには見てて辛いかもそれませんね。

主人公は悪役のグレン・クロースです。彼女の演技がこの映画の主と言っても過言では無い位その存在感は大きいです。実際、人物紹介では必ず最初に出てきますしね。演技力はさすがに凄い!監督が「彼女はどんな命令にも果敢に立ち向かった」と言うだけある。後は犬達の演技にも注目。犬を集める事もさることながら、200匹の犬を使って練習したのは驚きです。さすがに演技だけでは補えない所はCGも使ったそうですが(見てるとすぐ分かる;汗)

まあ、大作には違いありません。作る側も大変な苦労をしているのは見て取れますしね。


拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
試作型 惇兄
性別:
男性
自己紹介:
文書を書くことが好きな暇人。旅をこよなく愛する放浪者。たまに音楽が作りたくなり挫折している自称芸術家。
巡回サイト様
リンク・トラックバックはフリーです。
貼ると、何時の間にかこっちも貼りますので御了承ください
最新コメント
[11/13 Brandonson]
[08/14 nxqkrxgoto]
[07/13 管理人@惇兄]
[07/10 NONAME]
[04/04 管理人@惇兄]
[03/30 NONAME]
ブログ内検索
カウンター
気になるアイテム
アクセス解析
忍者ブログ [PR]